2015年12月にモダニティが発売したワイヤレスイヤホン「EARIN」は、スウェーデンのEpickal ABが開発した。左右のユニット間をつなぐコードすら使わない設計は、これまでのワイヤレスイヤホンの常識を覆した。利用シーンを考慮した操作性、そして品質と細部にまでこだわったデザインにこだわった。モダニティの営業&マーケティングの岡村健治マネージャーに「販売のきっかけ」を聞いた。