「渋谷ロフト」が新しい売り場づくりに挑戦。今年3月に3階と4階を「&home(アンドホーム)」としてリニューアルした。売り場は、従来の「目的買い」を狙った効率を追求するものではなく、滞在時間を楽しむために「編集」した仕掛けを導入している。渋谷ロフトの商品部商品開発部の八木宏規部付部長に、顧客に「ワクワク」感を提案する売り場のこだわりを聞いた。