TWS市場でアップルシェア50%超え、新型SE発売も影響か

アナリストPOSデータ分析

2020/05/28 08:00

 現在、完全ワイヤレスイヤホン(TWS)市場はアップルがメーカー別の販売数量シェアにおいて、2位以下に大きな差をつけている。19年10月末に発売したAirPods Proの人気は高く、シェア拡大に貢献している。


 2020年2月17日週から5月18日週までのメーカー別販売数量シェア推移をみていく(図1)。アップルのシェアは2月17日週から4月20日週までの間、安定してシェア40%前後を獲得しており、一強状態が続いていた。4月24日に新型のiPhone SEが発売されると、アップルのシェアはより高まった。スマートフォンAirPodsの同時購入が起きたためか、アップルのシェアは前週から約8ポイント増加し、52.7%に拡大。その後も、アップルのシェア50%超えは5月11日週まで3週に渡って続いたことが家電量販店ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」から明らかになった。


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。


サンプルデータ 無料ダウンロード

 この記事で使われたデータのサンプルをダウンロード可能です。 下記のデータをご覧いただけます。

※ダウンロードには登録が必要です。

オススメの記事