最新規格Wi-Fi 6Eに準拠したホームルータ2機種、Atermから

新製品

2022/09/07 16:35

 NECプラットフォームズは9月15日に、帯域幅が広い6GHzの周波数帯域に対応した最新の無線LAN規格Wi-Fi 6E(IEEE802.11ax)に準拠したホームルータの新機種として、12ストリームの「Aterm WX11000T12」、8ストリームの「Aterm WX7800T8」の2機種を発売する。価格はどちらもオープンで、税別の実勢価格は「Aterm WX11000T12」が5万円前後、「Aterm WX7800T8」が2万3000円前後の見込み。

Aterm WX11000T12」(左)と「Aterm WX7800T8」

 「Aterm WX11000T12」「Aterm WX7800T8」ともに、9月2日の電波法施行規則等の改正によって、無線LAN製品向けに6GHzの周波数帯が新たに開放されたことを受けて発売される。同周波数帯は、新たに開放されたため混雑が少なく、ゲーミングPCやスマートグラス、VRゴーグルといった低遅延な通信が求められる機器を接続しても快適に使用できる。

 なお6GHz帯の通信では、5GHz帯のルータで義務付けられている、航空/気象レーダー波を検知した際に電波干渉を回避するために無線LAN通信を一時停止して、別のチャンネルへと切り替えるDFS(Dynamic Frequency Selection)機能が不要なため、ワイドバンド接続時でも安定した通信が可能になる。

 6GHz帯に加えて、従来の2.4GHz帯、5GHz帯に対応するとともに、メッシュ中継機能や「トレンドマイクロ ホームネットワークセキュリティ」機能も備えている。

 「Aterm WX11000T12」は、無線LANの通信速度(規格値)が、6GHz帯で4804Mbps(4ストリーム)、5GHz帯で4804Mbps(4ストリーム)、2.4GHz帯で1147Mbps(4ストリーム)。有線LANポートは、WAN側に10GBASE-T(10Gbps)×1基、LAN側に10GBASE-T×1基、1000BASE-T(1Gbps)×3基を搭載する。

 「Aterm WX7800T8」は、無線LANの通信速度(規格値)が、6GHz帯で2402Mbps(2ストリーム)、5GHz帯で4804Mbps(4ストリーム)、2.4GHz帯で574Mbps(2ストリーム)。有線LANポートは、WAN側に1000BASE-T×1基、LAN側に1000BASE-T×4基を搭載する。

オススメの記事