• ホーム
  • トレンド
  • 光回線に変えたらWi-Fiルーターの買い換えを! 選び方やおすすめは?

光回線に変えたらWi-Fiルーターの買い換えを! 選び方やおすすめは?

 高速なインターネット通信速度を誇る光回線だが、利用しているのに今ひとつスマホやパソコンでの通信速度が上がらない場合はWi-Fiルーターが原因かもしれない。Wi-Fiルーターが古い場合、光回線やスマホ/PCの通信速度を十分に活かせない可能性があるのだ。本稿では、光回線の通信速度を十分活用するための選び方や具体的なおすすめ製品を紹介する。まずは光回線の速度を十分に引き出すためのWi-Fiルーターの選び方を解説しよう。

光回線を活かすにはWi-Fiルーター選びが重要

有線LAN(WAN)ポートの通信速度に注意

 一般的にWi-FiルーターにはWANポートと呼ばれるインターネット側につなぐ端子と、LANポートと呼ばれる手持ちの有線LAN機器につなぐための端子が用意されている。高速な光回線を利用する場合は特にWANポートの通信速度に注意しよう。

 WANポートの通信速度には100Mbps、1Gbps、2.5Gbps、10Gbpsといったものがある。契約した光回線の通信速度に対してWANポートの通信速度を揃えるのが基本だ。WANポートの方が遅い場合は回線の速度を十分引き出せず、WANポートの方が速い場合は宝の持ち腐れとなってしまう。

 有線LANで接続する機器がある場合はLANポートの速度にも注意が必要だ。ルーターによってはWANポートよりもLANポートの方が遅いことがある。また、機器側のLANポートが遅い場合は機器を買い換えたり、外付けのLANポートを用意したりした方が良いだろう。

無線LANの通信速度に注意

 次に無線LANの通信速度にも注意してほしい。光回線とWANポートの速度が十分高速でも、無線LANが遅くてはせっかくの通信速度が活用できない。

 最近主流となっているのはWi-Fi 5(IEEE 802.11ac)およびWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)という通信規格だ。ややこしいことに、同じWi-Fi 5/6のなかにも異なる通信速度のものがあるため気をつけてほしい。一般的に無線LANは有線LANに比べて実効速度が遅いため、光回線の速度よりも速い通信速度のものを選ぶのがおすすめだ。

 また、無線LANの場合はスマホなどの端末側が対応している通信規格/速度でしか通信ができないため、古めのスマホやPCの場合は買い換えを検討する必要があるかもしれない。

家が広いならメッシュWi-Fiも選択肢に

 無線LANの場合、通信速度はルーターと端末の間の距離が長くなるほど遅くなる。このため、広い家で使用する場合、場所によっては光回線とWi-Fiルーターの通信速度よりも実際の通信速度が遅くなる可能性がある。

 その場合、メッシュWi-Fiに対応したWi-Fiルーターがおすすめだ。これは対応機器を複数設置することで、互いに網目のような通信経路を形成し、広い範囲を強い電波でカバーできる製品のことを指す。単なる中継器と異なり、親機と中継器の接続およびスマホなどの端末と親機/中継器との接続を自動で最適化してくれる点がメリットといえる。

 ただ、メッシュWi-Fiを構成するには複数台の機器が必要となり、コストがかかる点には注意しよう。

 それでは具体的に光回線での使用に適したおすすめのWi-Fiルーターを五つ紹介する。

NEC Aterm WX6000HP

 NECのAterm WX6000HPは10GbpsのWAN/LANポートを備えたWi-Fiルーター。10Gbpsの光回線でも十分にその速度を活用できる。無線LANはWi-Fi 6対応であり、5GHz帯で4804Mbps、2.4GHz帯で1147Mbpsの通信速度を誇り、高速な通信速度が期待できるだろう。日本のメーカーだけあって、多くの光回線事業者との接続が検証済みなのがうれしい。NFCを使った設定など、初心者にも優しい仕様を多く備えており、デジタル製品に詳しくなくても安心して使用可能だ。
 
NEC Aterm WX6000HP

Buffalo AirStation WSR-5400AX6S

 BuffaloのAirStation WSR-5400AX6SはWi-Fi 6に対応し、5GHz帯で4803Mbps、2.4GHz帯で573Mbpsの無線LAN通信に対応したWi-Fiルーター。WAN/LANポートは1Gbpsと、一般的な光回線には十分な通信速度といえる。EasyMeshというメッシュWi-Fiを簡単に構成できる機能に対応しており、広い家でも高速な通信環境を家中で実現できる。家庭のスマート家電をサイバー攻撃から守るネット脅威ブロッカーベーシックの1年間無料ライセンスがついているのもうれしい。
 
Buffalo AirStation WSR-5400AX6S

TP-Link Deco X90

 TP-LinkのDeco X90は「AIメッシュ」という自動的に学習して最適化するメッシュWi-Fi機能が魅力の製品。ネットワーク環境、端末の種類、ユーザーの行動を自動で学習し、家のなかを移動しながら通信してもシームレスに通信ができるという。

 WAN/LANポートは2.5Gpbsポートと1Gbpsポートが一つずつ搭載されている(WAN/LAN自動判別)。また、無線LANはトライバンド対応で、4804Mbps(5GHz)+1201Mbps(5GHz)+574Mbps(5GHz)とかなり高速だ。
 
TP-Link Deco X90

Huawei WiFi AX3

 Huawei WiFi AX3はコストパフォーマンスの高さが売りのWi-Fiルーターだ。2402Mbps(5GHz)+574Mbps(2.4GHz)対応の無線LANに1GbpsのWAN/LANポートを備えながら、この記事執筆時点では最安で6000円程度で購入できる 。単に安いだけでなく高速かつセキュアなCPUを使用しており、信頼度の高いIT製品の国際セキュリティー評価基準(CC)のEAL5を取得。NFCを利用した、タップするだけでAndroidスマホと接続できる機能など利便性も兼ね備える。
 
Huawei WiFi AX3

ASUS TUF-AX5400

 ゲームが趣味ならゲーミングWi-FiルーターのASUS TUF-AX5400も選択肢に入る。スマホゲームの通信を優先処理する「モバイルゲームモード」、優先的に通信処理がおこなわれる「ゲーミングLANポート」、簡単にゲームプレイのためのポートの開放ができる「オープンNAT」を備え、遅延が少なく安定し、かつプレイしやすい環境を構築できるだろう。WAN/LANポートは1Gbps通信対応で、無線LANは4804Mbps(5GHz)+574Mbps(2.4GHz)という仕様。メッシュ機能やセキュリティー機能も搭載し、ゲーム用途以外でも十分に活躍できる。
 
ASUS TUF-AX5400

ルーターの買い換えで光回線のポテンシャルをフルに発揮させよう

 Wi-Fiルーターは自宅のネットワーク環境からインターネットにつながるゲートであり、Wi-Fiルーターの通信速度が遅ければせっかくの通信速度が活用できない。光回線を新しく契約した人はもちろん、長く同じWi-Fiルーターを使い続けている人は買い換えによってネット環境の快適性が向上する可能性があるだろう。せっかくの高速な光回線が無駄にならないよう、まずはWi-Fiルーターが通信速度のボトルネックになっていないか確認しておこう。(ライター・ハウザー)

オススメの記事