• ホーム
  • ライフスタイル
  • 【検証!】塗るだけ「ひんやりジェル」、追いジェル&冷水ぶっかけでこれはクール!

【検証!】塗るだけ「ひんやりジェル」、追いジェル&冷水ぶっかけでこれはクール!

レビュー

2022/08/09 12:05

 ハンディ扇風機や冷却ベストといったさまざまな熱中症対策グッズがあるが、クール成分(メントール)を配合し、塗るだけで気持ちのいい冷涼感が続くというボディ用ジェル状化粧水「ひんやりジェル」なるものを発見。価格は900円と手頃だ。さっそくゲットし、その実力をお伝えしよう。

白元アース「アイスノン ひんやりジェル」900円
 

ニュルニュル感が爽快感に変わるジェル


 容器をみると商品名の上に「アイスノン」と書かれている。公式サイトに記載が見つからなかったが、アイスノン からだ用の製品ラインアップの一つのようだ。早速、キャップを外して上の部分をプッシュしてみると、ブビュッと出ました、透明のドロドロ。数回プッシュして両手で伸ばすと、ウヒー、思ったよりニュルニュル感あり。パッケージには「お肌さらさら」と書かれているので、すぐに乾くと思いきや、量が多かったのかニュル感はなかなか消えず、今度はニチャニチャ感が現れた。えー、話しがちがーう、とか思っていると徐々に乾き、やがてパリパリ感にシフト。まあ、これならさらさら、ともいえなくもない。
ジェルを手のひらに出した状態(左)と腕に塗った後

 次は、またジェルをブビュッと出して、腕にビチャーと塗ってみた。お、今度は肌の面積とジェルの分量が丁度よかったのか、まあまあスピーディーにパリパリ感に変化。そして、おー、しっかり冷たい! 想像の域は超えないが、ひんやりジェルのネーミングに偽りなしだ。そして両腕に塗り、ひんやり感がどれくらい継続するのか調べていると、ここからがこの商品の真骨頂。時間が経つにつれてどんどんひんやり感が強くなるのだ。おー! なんだかすげー!

 10分くらいで最も”ひんやり”となり、そこから1時間は余裕でキープ。冷却レベルもかなり高く、ジェルを塗った部分を手で触ると、日陰にある石くらいに冷たく感じる。さらに片方の腕に水道水をかけてみると、ひんやり感が超アップ! 「ミンティア」を3つくらい噛んだ後に水を飲んだあの感覚だ。しかしちょい待て。ここは真夏とはいえクーラーの効いた室内。直射日光も当たらない場所だ。ということで、炎天下の中を散歩してみることに。

準備はバッチリ。いざ太陽が照りつける外の世界へ


 外に出る前に、胸、脇、背中、首筋にしっかりひんやりジェルを塗り、準備完了。しかし、ガツンとした太陽光にさらされると、残念、ひんやり感より暑さの勝利。この季節の直射日光はマジでヤバいです。ひたいや頭から汗が噴き出る。だけど、おやおや? ジェルを塗った部分は、そんなに汗をかいていないような。
外に持ち出してみた

 さらに日陰に入って微風が吹いたら、おほー! しっかりひんやり。気分もリフレッシュしてくれる。日なたは地獄で日陰は天国。散歩しているだけで気分が激しくアップダウンする。さらに日なたで、追いジェル&冷水ぶっかけを敢行。ウヒョー! 冷水はかなり気持ちいい! ミンティア冷水効果で震えるくらいのひんやり感。やはり炎天下ではこれくらいのパンチ力が欲しい。遊んでいた小学生たちから変な目で見られたが、ニコリ笑顔を返しておいた。
ジェルを塗ってから屋外に出た。腕は汗まみれでもひんやり感は続いている

 ということで、今回の検証では、かなりのひんやり効果があり、なかなか使えるジェルであることがわかった。時々電車に乗ったりビルに入ったりする外回り営業時などには、心強い味方になるだろう。しかし、ずっと炎天下で動き続けるには冷涼感が足りない。ファン付きジャンバーなどと併用することで、とんでもない効果を発揮しそうだ。(エフェクト・山葉のぶゆき)
ギャラリーページ

オススメの記事