熱中症対策にパーソナルトレーニング、伊丹市西台のジムで開始

ヘルスケア

2022/08/02 10:00

 エルネストリンクは8月1日に、同社が運営する「フィットネス&パーソナルトレーニングジム LINK」(兵庫県伊丹市)において、新型コロナ禍で熱中症患者が増えていることから、筋力低下による脱水症状リスクを予防するための熱中症対策パーソナルトレーニングを開始した。

下半身の大きな筋肉を中心に上半身もバランスよくトレーニングを実施

 同ジムが行っている熱中症対策パーソナルトレーニングでは、おもにマシーンを使用してトレーナーとのマンツーマンによって、短期間での筋力アップをサポートする。

 下半身の大きな筋肉を鍛えることで、熱中症の予防対策に非常に効果がある。あわせて腹筋・背筋・二の腕といった上半身のトレーニングもバランスよく行っていく。1回あたり30分、週に1回以上を推奨し、トレーニングの持続によって3カ月くらいで筋肉量の増加を実感できる。

 なお、熱中症を防ぐには暑さに慣れることも重要であり、日常でもウォーキングなど軽く汗をかく運動をしたり、サウナや40度くらいのぬるめの風呂に長めにつかったりして、汗をかきやすい体質づくりも効果的であるという。
 
「フィットネス&パーソナルトレーニングジム LINK」外観

 フィットネス&パーソナルトレーニングジム LINKの営業時間は5時~25時で、スタッフの滞在時間は10時~20時。

オススメの記事