• ホーム
  • トレンド
  • 熱中症予防の日傘、せっかくなら便利なものを! 一風変わったおすすめを紹介

熱中症予防の日傘、せっかくなら便利なものを! 一風変わったおすすめを紹介

暮らし

2022/07/31 12:30

 年々暑さが増す日本では、女性だけでなく男性でも日傘を利用するケースが多くなってているという。せっかく持つなら一工夫された便利なものを持ってみてはいかがだろうか。日傘の選び方とあわせておすすめの製品を紹介しよう。

日傘の基本的な選び方

 いくら便利な機能があっても日傘としての基本的な機能がおろそかでは本末転倒。まずは日傘の基本的な選び方を紹介する。
 

UVカット率と遮光率に注意

 日光を遮るという日傘の基本的な能力をあらわす値は二つある。一つがUVカット率で、もう一つが遮光率だ。

 UVカット率は紫外線をどれくらい防げるかを示す値で、「紫外線遮蔽率」と「UPF」の二つの指標がある。どちらも高い方が紫外線をカットする能力が高く、紫外線者並立の場合で90%、UPFの場合で40以上を選びたい。

 遮光率は光を遮る能力を示す値で、高ければ高いほど体感温度を下げられる。また、遮熱効果があることを謳う日傘もあり、そのようなものを選べばさらに効果的だろう。

裏地がコーティングされていれば涼しげな色でもOK

 昔ながらの日傘といえば黒っぽいものが定番だが、裏地がウレタンなどでコーティングされているものであれば好きな色を選んで問題ない。コーティングが地面からの照り返しを吸収してくれるため、暗い色でなくても高い効果が得られるのだ。

 効果重視で色を選ぶなら、おすすめは外側が白、内側が黒。外側の白い色が紫外線を反射し、内側の黒い色が照り返しを防いでくれる。

軽いものが持ちやすいとは限らない

 持ち運びやすさを重視すると軽いものを選びがちだが、必ずしも軽い日傘が持ちやすいとは限らない。重くて丈夫な方が風などにあおられにくく、安定して持てるということもある。

 とはいえ、重すぎるものは腕への負担が大きいため、重量バランスも含めて試しに持ってみるといいだろう。

一芸に秀でたおすすめの日傘

 それでは一芸に秀でた個性的な傘を五つ紹介しよう。

スタイリッシュで人にぶつかりにくい!「ムーンバット masu」

 ムーンバットの「masu」は珍しい四角形の日傘。一般的な円形の傘よりも差したときにコンパクトで、人混みで使っても邪魔になりづらい。
 
masu

 遮光率は99.99%以上と基本性能は十分。四角形のため骨が4本しかなく、その分軽いのもうれしい。雨傘として利用することも可能だ。

ファン付きで風が涼しい!「SPICE OF LIFE ファンファンパラソル」

 SPICE OF LIFEの「ファンファンパラソル」にはファンが内蔵されており、スイッチを押すと風が体に降り注ぐ。汗の蒸発を促し、体感温度を下げられそうだ。
 
※ファンファンパラソル

 ファンの部分にはネットが装着されているため、ファンが直接体に当たることはない。日傘としてもUVカット率99.9%、遮光率99.99%と優秀だ。直径102cmと大型のため日光をしっかり遮れる。

カーボンファイバーで手のひらサイズ!「Cuby 日傘 超軽量」

 とにかく軽くて小さい日傘を探しているならCubyの日傘がおすすめ。カーボンファイバーを採用したことによりわずか119gの重さかつ折りたためば手のひらサイズになる。
 
Cubyの日傘

 300Tの高密度の布を採用したことにより、雨水をしっかり弾くことが可能。逆折れタイプの折りたたみ傘のため、折りたたむときに周囲に迷惑をかけずにすむ。

頭に装着して両手が使える!「ハッと!アンブレラ」

 日傘を持つと片手がふさがることを心配しているなら、「ハッと!アンブレラ」をおすすめしたい。帽子のようにかぶって使うタイプの日傘のため、両手を自由に使える。例えば農作業やガーデニング、釣り、スポーツ観戦などで活躍しそうだ。
 
ハッと!アンブレラ

 重さは180gと装着していても気にならない軽さ。記事が二重構造になっているため風が吹き抜けて涼しい。サイズは頭にあわせてマジックテープで簡単に調節できる。

風に負けない構造が魅力!「macocca makez.」

 日傘を差していると強風時にあおられて危ないと感じているなら、macoccaの「makez.」はいかがだろう。耐風骨を使用した特殊構造により、強風にあおられるとあえて反り返りながら風の力を受けて流せる。風が収まったらたたむだけで元通り使用可能だ。
 
makez.

 遮光性やUVカットの能力、撥水性は検査機関で検査済み。安心して使用できる。カラーバリエーションが豊富なのもうれしい。

日傘は温度を20度も変える

 日傘の能力は想像以上に高く、日傘があるのとないのとでは約20度も表面温度が変わるといわれている。最近の猛暑の中で熱中症を予防するのに効果的なアイテムといえるだろう。
 

 紫外線を防ぐことによって日焼けやしみ、小じわを防いだり、雨の日はそのまま雨傘として使えるものもあったりで、1本持っておいて損はない。年々暑さが厳しくなるなか、女性だけでなく男性もぜひ導入を検討してほしい。(ライター・ハウザー)

オススメの記事