ユニクロ×ブルーノートのコラボTシャツ、3月21日に販売開始

ファッション

2022/03/22 17:30

 米ユニバーサルミュージックグループ(UMG)のジャズレーベルである「Blue Note Records」(ブルーノート)とユニクロは、Blue Note Recordsの社長でありグラミー賞受賞プロデューサーでもあるドン・ウォズ氏がセレクトした、同レーベルのアルバムジャケットをモチーフにしたTシャツ5種類を、ユニクロのグラフィックTシャツブランドである「UT」から、UMGのブランドマネジメント部門であるBravado(ブラドバ)を通じて、全世界のユニクロ店舗およびオンラインストアにて現地時間の3月21日に発売した。

ブルーノートのアルバムジャケットをデザインしたTシャツの第2弾が発売

 ブルーノートとユニクロのコラボレーションは、2011年にスタートし今回が4回目となる。2021年に発売された「UT」の第2弾であり、ドン・ウォズ氏がセレクトしたブルーノートを象徴するアルバムジャケット30点の中から、UTデザイナーが厳選し、2021年発売の7点に続く、5点のデザインが採用されている。

 今回、アルバムジャケットが採用されたのは、リー・モーガンの「Cornbread」「The Rumproller」、フレディ・ハバードの「Hub-Tones」、アンドリュー・ヒルの「Judgment!」、エリック・ドルフィーの「Out To Lunch!」。あわせてブルーノートは、今回のコラボレーションを記念してドン・ウォズ氏が特別にキュレーションした公式プレイリスト「BLUE NOTE MEETS UT」を発表した。

 さらに、ドン・ウォズ氏は今回のコラボレーションにあわせて「リード・マイルズのデザインに身を包むことができるUTコレクションを、ユニクロと共同で開発できることを嬉しく思います。彼は1950年代から60年代にかけて、それ自体が芸術作品のようなアルバムジャケットを手掛け、ブルーノートの不朽の美学を作り上げました。」とのコメントを寄せている(リード・マイルズ氏は、ブルーノートのアルバムジャケットを多く手掛けたグラフィックデザイナー)。

オススメの記事