秋葉原に「LED桜並木」が出現! 桜イルミネーションのイベント開催

イベント

2022/03/01 12:00

 NTT都市開発は3月1日~26日の期間、同社が運営・管理する秋葉原UDX(東京都千代田区)で現在開催している「UDX Illumination2021」の演出を桜イルミネーションに変化させ、桜の名所がみられない秋葉原の街に電気の街らしいLED桜並木で、ひと足早い春の訪れを「UDX Illumination2021-2022 SAKURA」として華やかに演出する。

桜イルミネーションのイメージ

 「UDX Illumination2021-2022 SAKURA」では、秋葉原UDXの西側街路樹に立ち並ぶ33本の樹木を桜色のライトで照らして、160mの並木道を桜のトンネルのような幻想的な景色にする演出を行う。

 さらに、サボニウス広場(南西広場)にある6.5mのシンボルツリーを、柔らかな桜色のイルミネーションと春らしい繊細なエシカルオーナメント(nekonekodesign PAPER ARTSの菅野一剛氏による作品)によって、桜の木に変化させ、ひと足早い春の訪れをを演出する。
 
サボニウス広場(南西広場)にあるシンボルツリーの桜色のイルミネーションイメージ

 ほかにも、ジェイアール東日本都市開発が運営・管理するCHABARA AKI-OKA MARCHE、SEEKBASE AKI-OKA MANUFACTUREとのコラボレーションで、一体となったイルミネーション演出を開催し、秋葉原UDX1階線路側の樹木とJR高架下が柔らかな桜色に照らされる様子を楽しめる。なお、CHABARA AKI-OKA MARCHE、SEEKBASE AKI-OKA MANUFACTUREのイルミネーションは、4月末までの実施を予定している。
 
CHABARA AKI-OKA MARCHE、
SEEKBASE AKI-OKA MANUFACTUREとのコラボによるイルミネーションも実施

 「UDX Illumination2021-2022 SAKURA」の開催日時は、3月1日~26日の16時30分~23時。

オススメの記事