ワークマン、テントなど必須キャンプギア一式で1万円以下 Web販売を強化

新製品

2022/02/22 19:00

 ワークマンは2月22日、テント/タープ/シュラフなど新たなキャンプギアを発表した。また、既存店は売り場スペースに限界があるため、WEB注文による無在庫販売方式の成長に「社運をかけて」取り組むとしている。

ワークマンの土屋哲雄専務取締役

 新製品の主要なターゲットは、同社の高機能ウェアを使用しているユーザー、そして初めてキャンプをする人。テント(4900円)、チェア(1780円)、シュラフ(1500円)、テーブル(980円)、ランタン(780円)といったキャンプ必需品の5点を、計1万円以下の9940円で提供する。
 
必須のキャンプギアを計1万円以下で提供する

 今回、発表したキャンプギアには、防融加工や防虫加工、耐久撥水など同社が独自に開発したアウトドアウェアと同じ素材を使用。プロ職人が使える「プロ品質」をキャンプギアにも適用し、「SG規格」を獲得している。

 開発にはアンバサダーの提案を「丸呑み」にして採用。例えば、27万人もの登録者がいるアンバサダーが自身の経験から絶対必要な機能を提案している。このほか、年間50回キャンプに行くプロのアンバサダーが理想のテントを開発。ツーリングのプロが体験から必要な機能を持つテントの開発に関わるなど、ユーザーが本当に欲しい製品を開発した。

 WEB注文専用品となるキャンプギアの、初年度の販売見込みは40億円。テント/タープなどの主力製品は4カ月で増産できるため、反響次第では55億円まで販売することができるという。
 
ワークマンはWEB販売を強化する

 さらに、今後は主力の作業服の端サイズ(SS、S、3L以上)や防寒ウェアなどボリュームが大きく陳列しにくい人気製品(アンバサダーの発信で大ヒットしたモンスターパーカーなど)をWEB注文/店舗受け取り専用品に加え、無在庫の店舗受け取り販売は5年で200億円規模に育てていく。これにより、すでに高い坪売上を持ち成長の限界を迎えつつある既存店の業績をさらに伸長させることをめざす。

オススメの記事