パナソニック、業務用の空間除菌脱臭機「天井埋込形ジアイーノ」を発売

新製品

2022/01/14 14:00

 パナソニック エコシステムズは4月1日に、業務用の空間除菌脱臭機として、次亜塩素酸技術による高い除菌・脱臭力に、遠心破砕技術による加湿機能を加えた「天井埋込形ジアイーノ」を発売する。メーカー希望小売価格は、本体(FY-350JCD1)が75万円、専用リモコン(FY-SCGP1)が5万9000円。

天井埋込形ジアイーノ

 天井埋込形ジアイーノは、加湿量を制御できる遠心破砕方式の加湿機能を追加することで、少ない水量で効率のよい加湿を可能にしつつ、カルキの付着による目詰まりが起こらず、加湿ユニット部の手入れを行うことなく、冬の過乾燥を緩和する。

 本体には、HEPAフィルターも備えており、室内に入り込んだ花粉や粉じんを除去することで、より快適な空間を実現するとともに、専用リモコンに搭載したCO2センサが、1000ppm超のCO2を検知すると連動した別売の換気扇を30分間運転する、ブースト換気機能を備えている。
 
ブースト換気のイメージ

 本体は天井裏に設置し、専用ダクトで清潔な空気を室内へ供給する方式で、給気口と還気口を最適位置へ配置することで、効率よく空気を循環させられる。また、ダクトを分岐させることによって、給気口と還気口をそれぞれ8か所まで設置でき、複数の部屋の1台での運転を可能にしている。
 
ダクト分岐による複数の部屋での同時運転イメージ

 さらに、専用リモコン1つで8台までの複数台運転ができるので、最大1000平方メートルの空間の同時制御にも対応する。

 そのほか、本体に水道配管を接続することで自動で給排水を行うため、日々のタンクへの給水、排水や塩投入作業は必要ない。メンテナンスは、1年に1回の次亜塩素酸の生成に必要な食塩水の補充(塩水パックの交換)とHEPAフィルターの清掃、2年に1回のメンテナンスとしてHEPAフィルターと電極の交換などが必要となる。

オススメの記事