真夏の在宅ワークをひんやり快適に 白元アースの「冷却グッズ」おすすめ5選

レビュー

2021/07/23 12:00

 梅雨が明けて一気に暑い夏がやってきた。在宅ワークをする人々にとって、一日中つけっぱなしのエアコンの電気代は悩ましい。そこで、アイスノンで有名な「白元アース」の冷却グッズに着目。在宅ワークしている筆者が実際に使ってみてよいと感じた五つの商品を、体験の様子と共に紹介するので参考にしてほしい。

まずは仕込み。白元アース「アイスノン
​​​​​首もとひんやり氷結ベルト」(筆者撮影)

アイスノンでおなじみの白元アース 紹介するのはこの5品

 家にいる時間が長くなる分、この暑さに耐えなければならない。しかし、エアコンをつけて部屋をキンキンにするのも、電気代がかさみ気が引ける。女性の中には、エアコンが苦手という人も少なくないだろう。そこで注目したのが「白元アース」だ。

 白元アースといえば、氷まくらのアイスノンでおなじみのメーカーである。子どものころ、発熱したときにお世話になった人も多いのではないだろうか。この白元アースは、夏の冷却グッズを多数展開している。その中から、おすすめ商品を以下の五つに絞ってみた。

(1)アイスノン ぶる冷えボディジェル
(2)アイスノン 瞬間爆冷スプレー ミントの香り 大容量
(3)アイスノン 首元ひんやり氷結ベルト
(4)アイスノン 頭を冷やすスプレー
(5)HERSバスラボ クール サマーセレクトアソート 16錠入

 いずれもドラッグストアなどで購入できる手軽なものばかりだ。始まったばかりの暑い夏、これらを駆使して乗り切ってみよう。

まず仕込み。「首元ひんやり氷結ベルト」を凍らせておく

 冷却グッズを試す前に、まずは仕込みである。首元を冷やす氷結ベルトは、凍らせたゲルを専用カバーに入れて使うものだ。ゲルが凍るまで約5時間かかる。これを凍らせている間に、他の冷却グッズを紹介していこう。

(1)アイスノン ぶる冷えボディジェル

白元アース「アイスノン
ぶる冷えボディジェル」(公式HPより)

 最初に紹介するのは「アイスノン ぶる冷えボディジェル」。商品のパッケージに描かれている「ぶる冷え」のペンギンからも、涼しさが伝わってくるようだ。

 実際に腕に塗ってみた第一印象は「伸びがよい」。両腕全体に伸び良く広がっていき、爽やかなミントの香りが広がる。塗った直後はわかりにくかったが、徐々にスースーと、ひんやり感が出てきた。
 
「アイスノン ぶる冷えボディジェル」を
腕に塗ってみた(筆者撮影)

 塗った箇所はサラリとした付け心地で、とても気持ちがよい。汗をかいた時の、あのペタペタ感に不快を覚える人は多いだろう。このジェルは腕を曲げる部分や、膝の裏側などに良さそうだ。

 ひんやり感&清涼感、そしてサラリとした付け心地のよさは、これからの暑さをしのぐときに期待できる。コンパクトなので、外出時に携帯するのもよい。保湿成分が配合されているのも、乾燥から肌を守ってくれるうれしい魅力だ。

(2)アイスノン 瞬間爆冷スプレー ミントの香り 大容量

白元アース「アイスノン 瞬間爆冷スプレー
ミントの香り 大容量」(公式HPより)

 次は「アイスノン 瞬間爆冷スプレー ミントの香り 大容量」だ。爆冷というネーミングからしてかなり期待が持てそう。早速使ってみよう。

 使い方は、10cm以上離して、服の上からスプレーする。暑すぎるからといって、あわてて肌に直接吹き付けないように気を付けよう。
 
「アイスノン 瞬間爆冷スプレー ミントの香り
大容量」の噴射の様子(筆者撮影)

 想像以上にスプレーの噴射に勢いがあり、かなりのジェット噴射である。筆者がブラウスの上からこのスプレーをかけてみたところ、かなり冷たく感じた。夏の暑さでほてった身体をクールダウンするときにとても効きそうだ。

 噴射直後は、服が濡れたようになる。しかしすぐに乾いてサラサラになるので、噴射前よりも着心地は快適になる。

 ただ外出時に使用する際は、少々注意が必要である。噴射直後は服が濡れたようになるため、インナーが透けてしまうからだ。外出時はトイレなど、人目がつかないところで使って、完全に乾いてから人前に出るといいだろう。また、かなりメントールの香りがするため、人前ではつけすぎに注意である。

(3)アイスノン 首もとひんやり氷結ベルト

白元アース「首もと ひんやり氷結ベルト」
(公式HPより)

 ここで、最初に仕込んでおいた「アイスノン 首もとひんやり氷結ベルト」の出番だ。約5時間、冷凍庫に入れておいたゲルはガチガチに凍っているはずだ。これを付属の専用カバーに入れて、早速使ってみよう。

 専用カバーは、首元に巻いたときに、マジックテープで長さを調節できる仕様になっている。首回りは最大で50cmまで調節可能である。
 
白元アース「アイスノン 首もとひんやり
氷結ベルト」使用の様子(筆者撮影)

 首に巻く冷却グッズは水で濡らしてから使うタイプのものもあるが、「首もとひんやり氷結ベルト」は凍らせて使うので、かなり冷たく、効果が長持ちする。

 また、交換用にゲルが二つついているのも嬉しい。一つを使っている間に、もう一つを凍らせておけるので継続して冷やせる。

 外出中の交換は難しいが、在宅ワークなら交換しながらエンドレスに使えるだろう。いつでも凍らせたゲルを使えるのは、在宅ならではのメリットである。

(4)アイスノン 頭を冷やすスプレー

白元アース「アイスノン 頭を冷やすスプレー」
(公式HPより)

 在宅ワークも午後に差し掛かると、気温がピークに達する時間帯に突入する。しかも午後は、昼食後ということもあり、頭がボーッとしてしまいがちな時間帯である。

 そんなときにおすすめなのが「アイスノン 頭を冷やすスプレー」だ。暑さで頭が回らないのなら、直接頭を冷やしてしまおう。こちらも、爆冷スプレー同様に、かなりの噴射力である。
 
白元アース「アイスノン 頭を冷やすスプレー」
噴射の様子(筆者撮影)

 頭にスプレーをかけたら、頭皮を指で揉みこもう。冷たくてシャッキリとして気持ちがよい。汗をかき、仕事の疲れが出始める午後のリフレッシュに最適のグッズだ。だるさ・眠気もスッキリ覚める。さぁ、もうひと踏ん張り。

(5)HERSバスラボクール サマーセレクトアソート 16錠入

白元アース「HERSバスラボクール
サマーセレクトアソート 16錠入」(公式HPより)

 紹介した四つの冷却グッズを使えば、暑い室内の一日を乗り切れる。本来なら暑苦しく、イライラするであろう一日が無事に終えられたのも、白元アースのアイスノンシリーズのおかげといえる。

 そんな一日を乗り切った自分へのご褒美として最後に紹介するのが「HERSバスラボクール サマーセレクトアソート 16錠入」である。

 暑さで体力を消耗した身体を癒してあげよう。香りは全部で4種類あり、どれにしようか迷う時間もご褒美である。今回はナチュラルグリーンを使った。色はリラックスグリーンだ。
 
白元アース「HERS バスラボクール
サマーセレクトアソート 16錠入」
ナチュラルグリーン使用の様子(筆者撮影)

 バスラボクールを浴槽の湯に放り込むと、シュワシュワと泡がたつ。この炭酸ガスが、疲労回復や肩こりにアプローチする。溶け切ったころ、湯につかってみる。グリーンカラーの湯とナチュラルグリーンの香りが、大変心地よい。いつまでも入っていられそうだ。

 さて、一日の疲れがバスラボクールで癒され、湯船から出た時に再び驚かされる。寒いのだ。あれだけ暑さを感じていた一日が、嘘のように寒く感じるほどである。

 湯上りの身体を包むバスタオルがふんわりと暖かく、ここでまた心地よさを感じるという心憎い演出だ。服に着替えた後も、このひんやり感は持続しているので心地いい。

 夏の暑い日の風呂上りは、汗をかくのが不快だったが、バスラボクールでの入浴後はサラサラとして快適。今回はバスラボクールを一日の終わりに使ったが、日中に使用するのもいいだろう。

 在宅ワークなら、好きな時にいつでも入浴できるメリットもある。暑さでどうしようもなくなったら、ザブンとひと風呂浴びるのもよいだろう。

在宅ワークに最適なアイテム。強いて一つ選ぶなら

 白元アースの冷却グッズを五つ紹介した。在宅ワークで使用する際のメリットをまとめよう。

(1)アイスノン ぶる冷えボディジェル
 塗った箇所がひんやりサラサラとして、服がべたつきにくい。肌に直接塗れるのがよい。

(2)アイスノン 瞬間爆冷スプレー ミントの香り 大容量
 ジェット噴射でまさに瞬間爆冷。使用後、服は乾きサラサラとする。服が肌に重なっている箇所に向いている。

(3)アイスノン 首元ひんやり氷結ベルト
 二つの氷結ジェルを交換しながら使えるため、冷たさがキープできる。暑さを感じやすい首元にダイレクトにアプローチ。

(4)アイスノン 頭を冷やすスプレー
 暑さで頭がボンヤリするときに最適。リフレッシュ効果もあり。

(5)HERSバスラボクール サマーセレクトアソート 16錠入
 サラリとした湯上り。入浴後の汗の煩わしさが少なく、涼しさを感じられる。一日の疲れを癒すもよし、日中の気分転換で入るもよし。

 以上のように、どれも夏を乗り切るための素晴らしい冷却グッズであった。その中でも、強いて一つをおすすめとして挙げるなら、「アイスノン 瞬間爆冷スプレー ミントの香り 大容量」である。

 なんといっても噴射の勢いが強く、一瞬にして冷たさが感じられる手軽さがよいと感じた。噴射後の衣服は、ひんやりしてサラサラで気持ちがよく、汗でべたつくイライラがかなり軽減された。たっぷりと使える大容量なのもうれしいポイントである。

 もちろん、他のグッズも決して劣っているわけではない。冷却効果はどの商品もしっかりと感じられた。とくに、「首もとひんやり氷結ベルト」や「バスラボクール」は、在宅ならではの魅力が大きい。

 在宅ワークは、いかに快適な自宅の環境をつくれるかが重要だ。今回紹介した商品は、それぞれ得意な冷却箇所が異なる。筆者はこの五つの商品で、全身をひんやりさせて、暑い一日を乗り切ることができた。これからもっと暑くなるが、ぜひ白元アースの冷却グッズで、真夏の在宅ワークを乗り切ろうではないか。(GEAR)

オススメの記事