• ホーム
  • ライフスタイル
  • 邪魔なコードを収納しながら使える! 無印良品の「ポリエステルガジェットポーチ」が在宅勤務で大活躍

邪魔なコードを収納しながら使える! 無印良品の「ポリエステルガジェットポーチ」が在宅勤務で大活躍

レビュー

2021/06/14 18:00

 リモートワークで意外と気になるのが、ノートパソコンの電源ケーブルやACアダプタ。コンセント周りでごちゃごちゃになっているケーブルは作業のノイズになるし、大きなアダプタは机の上で邪魔になる。持ち運ぶ際も、かさばったり、鞄の中でほかの物を引っかけてしまったりと何かと厄介な存在だ。

そんな悩みを解消してくれるのが、無印良品の「ポリエステルガジェットポーチ」。パソコン周辺機器の持ち運びに便利なのはもちろん、収納したままACアダプタを使えるすぐれものだ。在宅勤務で活躍すること間違いなしの「ポリエステルガジェットポーチ」の魅力を紹介しよう。
 
無印良品の「ポリエステルガジェットポーチ」。
カラーはグレーと黒の2色(990円)。
両端にチャックがついており、開閉が楽

ケーブルを束ねられるから机も鞄もスッキリ

 「ポリエステルガジェットポーチ」の最大の魅力は、ACアダプタや電源ケーブルをポーチに入れたまま使える点だ。中にマジックテープのベルトがついており、アダプタとケーブルを束ねておける。その状態でチャックを開けて、プラグやコネクタを出してそれぞれ接続すればOKだ。持ち運ぶ際にほかの物に絡まる心配がないのはもちろん、机の上にコードやアダプタが乱雑に広がることもない。
 
「ポリエステルガジェットポーチ」は
幅20×高さ9×マチ6cm。
底にマジックテープがついており、
ケーブル類を固定できる

 筆者が普段使っているACアダプタは幅約16.5×縦6×厚さ2.5cmと大きめで、電源ケーブルも太いため、これらすべてをテープで束ねてチャックを閉めるとやや窮屈になってしまう。しかし、ポーチに入れたまま使う分には、コード類がもつれることなく、狭い机でもスッキリと使えるので大変気に入っている。
 
筆者が実際に会社で使ってみた様子。
以前は外付けモニターのコード類とも混じって
大変なことになっていたが、
ポーチを使ったらマシになった

 なお、「ポリエステルガジェットポーチ」には冷却機能がついていないため、ACアダプタが熱くなりやすい場合は注意が必要。使っているアダプタの特性を理解したうえで使用しよう。

マウスやUSBメモリもポケットに収納可能

 マウスやUSBメモリなどは、そのまま鞄に入れると故障が心配なのに加えて、行方不明になりがちだ。「ポリエステルガジェットポーチ」は内側に二つのメッシュポケットがついているため、細々としたパソコン周辺機器も収納可能だ。幅20cmと余裕があり、ペンや定規なども入れられるので荷物を減らすのにも役立つ。
 
筆者は出勤の際にマウスとスマホの充電器をまとめている。
ACアダプタとまとめるといっぱいになるが、
鞄の中を探す手間が減った

旅行や趣味など活躍の場は広そう

 シンプルながらも工夫次第で用途が広がるのが無印のアイテムの魅力。「ポリエステルガジェットポーチ」も、パソコンの周辺機器を収納するだけでなく、旅行や趣味の場に応用することができそうだ。たとえば、トラベル用の小型のヘアアイロンやスタイリング剤、ヘアブラシなどをまとめて入れれば、スーツケース内の省スペースになる。ほかにも、デジカメと充電ケーブル、microSDカードを丸ごと持ち運ぶのにも使えるだろう。
 
カメラケース代わりに、デジカメと周辺機器を
収納するのに使ってみた。スリムなので
鞄の中でも邪魔にならない

 筆者は在宅勤務と会社勤務の割合が半々で、四六時中ノートPCを持ち歩いているため、ガジェット類の持ち運びに関する悩みが尽きなかった。しかし、「ポリエステルガジェットポーチ」は丸ごと収納できるので、鞄の中がスッキリ。加えて、仕事のノイズになっていたゴチャゴチャな電源コードを隠しながら使えるのもお気に入りポイントだ。在宅勤務でACアダプタや電源コードが目につくようになったら、試してみる価値があるだろう。(TEKIKAKU・山崎理香子)

オススメの記事