フィリップスの近未来マスクにキッズモデル! 子ども向け機能が充実

新製品

2021/06/08 13:45

 フィリップスは、「フィリップス ブリーズマスク」のキッズモデルを6月8日に発売した。価格は、本体が1万780円、フィルター(5枚入り)が1595円。

フィリップス ブリーズマスク」にキッズモデルが登場

 フィリップス ブリーズマスクは、2020年11月に発売された同社初のマスク。電動ファンを搭載する高機能マスクで、最大41Lの空気を循環させるエアーフローシステムを備えている。マスク内部が蒸れたり、温められたりすることなく、常に快適な環境を保つことができるのが強みだ。

 今回、新たに発売されるキッズモデルは、耳にかけるイヤーループのほか、後頭部を一周させて装着するヘッドループを採用することで、耳に負担がかからず、小さい顔にもフィットしやすくした。
 


 ゴムひもは、一定の強い張力が加わると外れる「クイックリリース」仕様にすることで、ひもが首に引っかかって締まることを防止する。また、マスク内側に息を吐くとファンのLEDが点滅するようにし、大人がマスクの動作確認をできるようにした。

 カラーは、ブルーとピンクの2色を用意した。電動ファンの駆動時間は約2~3.5時間(風量によって変動する)。充電時間は3時間となる。

オススメの記事