• ホーム
  • ライフスタイル
  • エントリーモデルの「Xperia Ace II」、コンパクトボディに4500mAhの大容量バッテリー搭載

エントリーモデルの「Xperia Ace II」、コンパクトボディに4500mAhの大容量バッテリー搭載

新製品

2021/05/21 17:00

 ソニーは、長時間安心して使える大容量バッテリを世界最小のコンパクトなサイズに搭載したエントリーモデルスマートフォン(スマホ)「Xperia Ace II」を5月下旬以降に発売する。

ソニーの「Xperia Ace II」

 4500mAhの大容量バッテリーを搭載するスマホとして、世界最小サイズを実現。長さ約140mm、幅約69mm、厚み約8.9mmの手に馴染むコンパクトなサイズながら、バッテリー残量を気にせず長時間安心して使うことができる。

 また、Xperia独自の充電最適化技術と「いたわり充電」により、充電時のバッテリーへの負荷を軽減し、3年使っても劣化しにくい長寿命化を実現。さらに、フレームいっぱいの約5.5インチの大画面ディスプレイを搭載し、見やすく快適に操作できる。
 
手に馴染むコンパクトなサイズ(左)と「かんたんホーム」

 画面サイズに最適化されたレイアウトで、文字やアイコンサイズが大きくて見やすい「かんたんホーム」を搭載。短縮ダイヤルへのショートカットで、家族や友人など頻繁に通話する相手にもすぐに電話がかけられる。また、バスルームやキッチンなどの水回りでも安心して使える防水(IPX5/8)・防塵(IP6X)性能を備えるほか、傷がつきにくい高強度のCorning Gorilla Glass 6を採用。柔らかくマットな質感と手に馴染む丸みのあるデザインに加えて、カメラ部分の出っ張りをなくした傷つきにくい構造を採用している。

 本体側面の電源ボタンには指紋認証センサーを搭載。マスクをつけたままでもロック解除が可能。また、おサイフケータイにも対応しており、本体をかざすだけで簡単に支払いも完了する。

 このほか、Xperiaに限らず、他社製のスマホから乗り換える際にも写真や動画などを有線/無線で簡単にデータ転送可能なXperia Transfer 2を搭載している。

 有効画素数約1300万画素の広角カメラと深度測位カメラを搭載し、子どもやペットなどの撮影時にも背景ぼけを生かした撮影を簡単に楽しめる。被写体や環境に応じて13種類のシーンと四つのコンディションを自動で判別し、最適な設定を自動で選択してくれる「プレミアムおまかせオート」機能を搭載。日常のシーンで撮影機会の多い人物や料理も綺麗に撮影できる。

 また、3.5mmオーディオジャック搭載で、手持ちの有線ヘッドホンを変換ケーブルなしで利用可能なほか、充電しながらでも音楽が楽しめる。カラーは、ホワイト、ブルー、ブラックの3色を展開する。

オススメの記事