• ホーム
  • ライフスタイル
  • アディダスとオールバーズ、カーボンフットプリントを大幅削減したフットウェアを共同開発

アディダスとオールバーズ、カーボンフットプリントを大幅削減したフットウェアを共同開発

新製品

2021/05/13 20:00

 アディダスジャパンとオールバーズは5月21日9時から、両社のコラボレーション第1弾となるフットウェア「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」を、世界100足限定でadiCLUB(アディクラブ)会員に向けて抽選販売する。2021年秋には1万足限定での一般販売、22年春夏には拡大販売を予定している。

FUTURECRAFT.FOOTPRINT

 FUTURECRAFT.FOOTPRINTは、よりサステナブルなデザインへの新しいアプローチと、カーボンフットプリントを大幅に削減する方法で製造されており、1足あたりのカーボンフットプリントは2.94kg CO2e(二酸化炭素換算)と、「adizero RC3」と比較して63%の削減を実現した。
 

 大陸間をまたぐ開発チームは、開発から納品までの作業をデジタルで行うことで、開発プロセスにおけるカーボンフットプリントを抑えた。
 

 アディダスとオールバーズの各チームはプロダクトデザイン、素材イノベーション、サステナビリティ、サプライチェーンのすべてで分析的な手法を用いつつ、あらゆる構成要素とプロセスの見直しを行っており、12か月間で素材、製造技術、パッケージに至るすべての再考に成功している。
 

 アディダスの人気ミッドソール「Lightstrike(ライトストライク)」をベースに、同じ性能基準でテストされたミッドソールは、オールバーズのサトウキビをベースにした「SweetFoam(スウィートフォーム)」で再構築され、低炭素の天然素材の実装を実現した。

 さらに、新開発のアッパー素材はリサイクルポリエステル70%、木材パルプから作られた天然素材テンセル30%を使用しており、軽量かつ滑らかでパフォーマンスを発揮しつつ、カーボンフットプリントを大幅に削減している。

オススメの記事