スリムボディで10ポート拡張! GlotureからMacbook向けのUSB-Cハブ

新製品

2021/05/11 16:30

 Glotureは、MacBook ProおよびMacBook Air向けのUSB Type-Cハブ「HyperDrive VIPER 10-in-2 USB-C ハブ」を同社のECサイトで5月11日に発売した。価格は1万2100円。

HyperDrive VIPER 10-in-2 USB-C ハブ

 HyperDrive VIPER 10-in-2 USB-C ハブは、USB Type-C入力×2基を搭載。拡張ポートは、4K/60Hz対応のHDMI出力×2基、USB 3.1 Type-Aポート×3基、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート×1基、microSDカードスロット(UHS-I対応)、SDカードスロット(UHS-I対応)、USB Type-Cポート(PD 60W対応)、オーディオ出力(直径3.5mmミニジャック)の、計10ポートを備えている。
 
計10個の拡張ポートを搭載

 なお、HDMI出力における4K/60Hzデュアル出力は、2020/2019/2018モデルMacBook Pro(Apple M1チップ搭載モデルには非対応)、2017モデルのMacBook Pro 15インチ、2020(Retina)/2019/2018モデルのMacBook Airで利用できる。

 本体は、CNCによるアルミ削り出しの、MacBookなどAppleデバイスと親和性の高いデザインを採用している。

 主な対応機種は、USB Type-Cポートを搭載したMacBook Pro、MacBook Air、MacBook、iPad Pro(2020/2019/2018モデル)、iPad Air(2020モデル)、その他Thunderbolt 3またはUSB Type-C搭載のWindows PC、USB Type-C搭載のChromebookなど各種デバイス。

 サイズが幅4.8×高さ1.6×奥行き14.4cmで、重さが約109g。ケーブル長は24.5cmとなる。

オススメの記事