衝撃の3万円台スマホ登場! 1億800万画素の4眼カメラ搭載機「Redmi Note 10 Pro」

新製品

2021/03/31 19:30

 シャオミは3月31日、4G対応スマートフォン(スマホ)「Redmi Note 10 Pro」を日本市場に投入すると発表した。ハイエンドレベルの性能を搭載しながら、価格は税込み3万4800円とミドルレンジクラスを実現。家電量販店ECショップ、MVNO各社で、4月16日から順次販売する。

4月16日に発売するシャオミの4G対応スマートフォン「Redmi Note 10 Pro」
 
税込み3万4800円で家電量販店ECショップ、MVNO各社で販売

 Redmi Note 10 Proは、6.67インチの大型ディスプレイを搭載。高精細なAMOLEDは120Hzのリフレッシュレートに対応し、滑らかな画面表示が可能だ。ディスプレイ表面は、Gorilla Glass 5でコーティングされており、傷や画面割れに強い。本体側面に指紋認証を搭載し、自然な姿勢からロックを解除できるようになっている。

 特筆すべきは、1億800万画素のメインカメラを含むフロントの4眼レンズだ。1億800万画素のメインカメラ+超広角の800万画素カメラ+500万画素の望遠接写カメラ+200万画素の深度カメラという構成で、幅広い撮影シーンで活躍する。また、動画機能にも注力しており、2種類のタイムラプスに加えて、ビデオクローンやデュアルビデオのようなユニークなモードも搭載している。
 
1億800万画素のメインカメラを含む4眼レンズ構成
 
多彩な動画機能を搭載している

 スピーカーはデュアル仕様で、底面に3.5mmヘッドホンジャックを搭載。バッテリは5050mAhの大容量で、33W急速充電にも対応する。CPUがQualcomm Snapdragon 732G、メモリ6GB、ストレージが128GB。おサイフケータイには対応していない。カラーは、オニキスグレー、グレイシャーブルー、グラディエントブロンズの3色を用意する。

オススメの記事