ソニーの電気自動車が国内で初のお披露目

イベント

2021/03/10 18:14

 ソニーは3月28日、自社開発で進めている電気自動車(EV)のVISION-S試作車両を、国内で初めて一般公開する。東京・世田谷区のFUTAKO TAMAGAWA rise(二子玉川ライズ)のイベントスペース「EV:LIFE 2021 FUTAKO TAMAGAW」で公開する。

ソニーのVISION-S(画像は欧州での走行テスト用開発車)

 VISION-S Prototypeの公道走行可能車両は、2020年12月に完成し、欧州で走行テストを実施している。今後も車両開発を継続するとともに、他の地域でも順次走行テストを実施する計画だ。
 
FUTAKO TAMAGAWA rise(二子玉川ライズ)のイベントスペースで展示予定

 また、同展示会では、21年に事業化を予定しているドローン「Airpeak」の機体も初公開するとともに、自律型エンタテインメントロボット「aibo」の展示も加え、ソニーが推進するAIロボティクス事業の取り組みを包括的に紹介する。
 
ドローン「Airpeak」の機体も初公開する予定

 LIFE 2021 FUTAKO TAMAGAWAは、3月28日10~19時まで、FUTAKO TAMAGAWA riseのイベントスペース「ガレリア」で開催する予定。入場は無料。

オススメの記事