綾瀬はるか主演の大河ドラマ『八重の桜』、Paraviで全50話一挙配信スタート

サービス

2021/02/19 12:00

 プレミアム・プラットフォーム・ジャパンが運営する動画配信サービス「Paravi」は2月14日、2013年放送のNHK大河ドラマ『八重の桜』全50話の配信を開始した。Paraviでの配信は初。

NHK大河ドラマ『八重の桜』

 Paraviは、税込月額1017円で、ドラマ、バラエティ、アニメ、ビジネス、映画、スポーツ、海外作品、音楽、ライブ配信が楽しめるマルチデバイス対応の動画配信サービス。特に国内ドラマのアーカイブ数は日本最大級で、見放題の「Paraviベーシックプラン」のほか、コンテンツごとに購入できるレンタル作品も用意する。Paraviベーシックプランは初回登録から2週間無料。

 PC・スマートフォンタブレット端末以外の主なデバイスは、Android搭載スマートテレビ、Fire TV(第2世代以降)、Apple TV(第4世代)、Chromecast、Echo Showシリーズ、2016年以降発売のパナソニック DIGAなど。なお、スマートフォン・タブレットでの視聴にはアプリが必要。

 『八重の桜』の主役・山本八重(新島八重)は、会津藩砲術師範の家に生まれ、会津・戊辰戦争で銃を持って戦い、「幕末のジャンヌ・ダルク」と呼ばれた。綾瀬はるかさんが出演する現在放送中の日曜劇場『天国と地獄 ~サイコな2人~』や、『ホタルノヒカリ』『世界の中心で、愛をさけぶ』『わたしを離さないで』『JIN -仁-』『JIN-仁-完結編』『白夜行』など、他の出演作も配信中。

 なお、NHKが提供する動画配信サービス「NHKオンデマンド」では、大河ドラマシリーズ60作品のうち、『八重の桜』を含む35作品を配信している。見放題の「まるごと見放題パック」の月額料金は税込990円。

オススメの記事