BS/CS 4Kチューナー内蔵の48V型有機ELテレビ「48X8F」、ハイセンスから

新製品

2021/01/19 08:00

 ハイセンスジャパンは、BS/CS 4Kチューナー内蔵の48V型有機ELテレビ「48X8F」を2月上旬に発売する。価格はオープンで、税込みの実勢価格は18万円前後の見込み。

48X8F

 48X8Fは、ネット配信の映像やVODコンテンツを配信サービスごとに異なる圧縮方式、解像度、フレームレートに合わせて最適なパラメータで高画質化する「AIネット映像高画質処理」機能を搭載し、映像処理経験値をもとに各設定に合わせて色温度、色濃度、超解像処理、輝度、ダイナミックガンマ補正、フレーム補間を行うことで、低フレームレートコンテンツからハイクオリティコンテンツまで、高いコントラストと自然な色彩で再現できる。

 さらに、5層のニューラルネットワークを深層学習し、通常の映像とぎらつきが目立つ映像を自動判別することで、シーンごとに適した超解像処理を実施し、ノイズの少ないきめ細やかな高画質を実現する「AIシーン別超解像処理」機能、AIが映像の動きの速さを自動判別し、動きの少ないシーン、動きの激しいシーン、それぞれに適切なフレームを参照してノイズリダクションを実施する「AIモーション別超解像処理」機能、3段階の超解像処理によって地上デジタル放送を4K画質にアップコンバートする「3段階超解像処理」機能を備えている。

 有機ELディスプレイの採用によって、黒さと明るさを高いコントラストで豊かに再現するとともに、高輝度でコントラスト感を高められる冷却インナープレートを採用する。また、映像を分析し、前後フレームから新たなフレームを作成して補間することで、残像感の少ないクリアな映像を視聴可能なほか、有機ELならではの高い視野角で、テレビ正面だけでなく角度のある位置からでも美しさを損なうことなく、映像を楽しめる。

 入力端子は、HDMI入力(4K入力、ARC対応)×4基、ビデオ入力×1基、光デジタル音声出力×1基、USB×2基、LAN端子×1基などを備えている。

オススメの記事