ヤフーのサービスでPayPay決済、有効期限なしのPayPayボーナス付与 2月1日から

 「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフーは、2021年2月1日から、「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」「ヤフオク!」などYahoo! JAPANの関連サービスでキャンペーンなどの特典として付与する有効期限つきの電子マネーPayPayボーナスライト」を、有効期限のない「PayPayボーナス」に変更する。

 対象となる主なサービスは、ebookjapan、GYAO!ストア、LOHACO、PayPayフリマ、PayPayモール、Yahoo!ショッピング、Yahoo!トラベル、ヤフオク!。
 
キャンペーン実施中のPayPayモール

 PayPayが提供するスマートフォン(スマホ)決済サービス「PayPay」は20年4月1日から、「100円以上の決済が月間50回以上」「月間利用金額10万円以上」を満たすと、還元率がそれぞれ+0.5%アップし、PayPay加盟店・PayPay請求書払いでは、最大合計1.5%還元となる「PayPay STEP(ステップ)」を導入した。Yahoo! JAPANサービスの利用で付与されたPayPayボーナス/ボーナスライトを利用するにはPayPayアカウントとYahoo! JAPAN IDの連携が必要。

 PayPay残高の利用時の優先順位は、有効期限ありのPayPayボーナスライト、PayPayボーナス、PayPayマネーライト、PayPayマネー。60日間の有効期限ありのPayPayボーナスライトは現金とは異なり、有効期限を1日でも過ぎると失効するため、使い勝手の悪い状況にあった。今回の変更に伴い、利便性が向上する。なお、PayPayボーナス、PayPayボーナスライトは送金、譲渡や払い出しは不可。
 
PayPayボーナスライト、PayPayボーナス、PayPayマネーライト、PayPayマネーの有効期限

 なお、1月31日までに付与完了しているPayPayボーナスライトは、2月1日以降もPayPayボーナスライトのまま。1月31日までの取引やキャンペーンによって付与予定となり、2月1日以降に付与が完了することとなっているPayPayボーナスライトについては、有効期限のない「PayPayボーナス」に切り替えて付与する。

 例外として、PayPayボーナスライトを利用した決済が取り消し(返金)となった場合、取り消しが2月1日以降であってもPayPayボーナスではなくPayPayボーナスライトを再度付与する。Yahoo! JAPANでは、PayPay残高をお得にためて使える取り組みを進めていく。

オススメの記事