Apple純正より1000円以上安い! MPOWのiPhone 12対応ワイヤレス充電器を検証

 新しい年の始めは自宅やオフィスのデジタル環境をアップデートするチャンス。昨今のトレンドを踏まえておすすめしたいのが、ワイヤレス充電器だ。AndroidiPhoneもいまや多くのスマートフォンがケーブルレスでスマートにチャージできるワイヤレス充電器に対応。試してみたいという人も多いだろう。今回紹介するのは、iPhone 12が採用したMagSafe規格にも対応するMPOW JAPANの「Epeios Wireless Fast Charger 15W」だ。

iPhone 12シリーズが採用するMagSafeに対応したMPOW JAPANの
「Epeios Wireless Fast Charger 15W」を試した

 Epeios Wireless Fast Charger 15Wの見た目は従来のワイヤレス充電器とほぼ変わらない。飾らないシンプルなデザインでデスクやサイドテーブルに置いても主張しすぎることはない。カラーはブラックとホワイトの2色が用意されているので、インテリアにも合わせやすい。Appleの純製品はホワイトしかないので、選択肢の幅が広いのはメリットといえるだろう。
 
カラーはブラックとホワイトの2色
 
Apple純正の「MagSafe充電器」のカラーはホワイトのみ

 MagSafe対応なので、iPhone 12シリーズであれば背面にぴたっとマグネットが吸着してズレによって充電されないなどのトラブルを防いでくれる。またサードパーティ製では対応モデルが限られているので、新しいiPhoneのユーザーには貴重な存在だ。
 
 
デスクやサイドテーブルの空いたスペースに設置できる。
ケーブル充電より見た目もすっきりする

 ただ注意してほしいのは、iPhone充電時の出力は「7.5W」に制限されるということだ。iPhone 12シリーズは15Wの高速充電(miniは12W)ができることも魅力なので、この点を重視するユーザーには向かないかもしれない。出力が抑えられているのには理由がある。それは安全性への配慮だ。

 ワイヤレス充電の場合、ケーブル充電に比べて端末が熱くなりやすい。高速充電ならなおさらだ。Epeios Wireless Fast Charger 15Wは、出力を抑えることで発熱を緩やかにし、電池残量がない状態からフル充電まで安全に継続してチャージできるように設計されている。本体底面にアルミニウムを採用しているのも排熱性を考慮してのことだ。

 そして最大のメリットになるのは価格だ。Epeios Wireless Fast Charger 15Wは1月4日現在、Amazonでは税込3599円で販売されている。一方の純正品はAppleオンラインストアで税込4950円。Epeios Wireless Fast Charger 15Wのほうが1000円以上もお得だ。洗練されたデザインなど純正品ならではの魅力はあるが、とりあえずワイヤレス充電を試してみたいというならEpeios Wireless Fast Charger 15Wは最適なモデルになるだろう。
 
電源アダプタと接続する端子は“USB-Type C”

 純正品とEpeios Wireless Fast Charger 15Wの両方に共通する注意点として述べておきたいのが、本体を接続するケーブルの端子が“USB-Type C”であるということだ。もし自宅で一般的なUSB Type-A接続の電源アダプタを使用しているなら、そのまま利用することはできない。電源アダプタは付属していないので、USB-Type Cかつ高速充電に対応したものを用意する必要があることを頭に留めておいてほしい。(BCN・大蔵大輔)

オススメの記事