2020年に売れたスマートフォンTOP10、iPhone同士の首位争い、11に軍配上がる 2021/1/3

実売データ

2021/01/03 12:00

 「BCNランキング」2020年1月1日から12月6日の日次集計データによると、スマートフォン(シリーズ別)の実売台数ランキングは以下の通りとなった。
 

 スマートフォン(シリーズ別)の2020年・年間売れ筋ランキング(12月6日時点)は、アップルiPhone 11」が首位。4月発表の「iPhone SE(2nd)」は一歩及ばず2位だった。2016年9月発売の「iPhone 7」がTOP5入りしたほか、発売から2か月足らずの「iPhone 12」や「iPhone 12 Pro」もTOP10入りするなど、新旧モデルが入り乱れつつ続くiPhone人気の高さが目立った。

 Android勢で最も高順位にランクインしたのはシャープAQUOS sense3」。3位に滑り込んでiPhoneによる上位独占を阻止した。

1位 iPhone 11(アップル)
2位 iPhone SE(アップル)
3位 AQUOS sense3(シャープ)
4位 iPhone 11 Pro(アップル)
5位 iPhone 7(アップル)
6位 Galaxy A20(SAMSUNG
7位 P30 lite(Huawei Technologies
8位 Xperia 10 II(ソニーモバイルコミュニケーションズ
9位 iPhone 12(アップル)
10位 iPhone 12 Pro(アップル)
 
iPhone 11


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

オススメの記事