HUAWEI Freebudsに待望の最上位モデル! 業界最高クラスのノイキャン搭載

 ファーウェイ・ジャパンは11月17日、完全ワイヤレスイヤホンのHUAWEI FreeBudsシリーズから最上位モデル「HUAWEI FreeBuds Pro」を発表した。税別実勢価格は2万2800円前後で、11月20日に発売する。

ファーウェイの完全ワイヤレスイヤホン最上位モデルとなる「HUAWEI FreeBuds Pro」

 最大の特徴は、デュアルマイクによる業界最高クラスのノイズキャンセルング機能。内向きマイクと外向きマイクが残留ノイズを検出、アンチノイズ信号を生成して、最大40dB低減する。

 また、シーン別のアクティブノイズキャンセリング機能を備えており、環境に応じて3種類のノイキャンを自動で使い分ける。外音取り込み機能は、新たに「音声取り込み」に対応。雑音は抑制し、人の声だけを聞こえやすくする。
 
シーン別アクティブノイズキャンセリング機能の仕組み
 
「音声取り込み」にも対応

 2台のデバイスとの同時接続も今回から対応した機能。例えば、テレワーク中にPCで作業しているときにスマートフォン(スマホ)に電話がかかってきても、シームレスに切り替えることができる。

 最上位モデルだけあって音質もブラッシュアップされている。11mmの超大型ウルトラダイナミックドライバーと自動イコライザー最適化機能を搭載。コンパクトな筐体で迫力の低音を楽しむことができる。
 
11mmの超大型ウルトラダイナミックドライバーを採用

 ハウジング部は耳の内側と外側で空気圧のバランスをとるため、通気性が確保できる構造を採用。イヤーチップは3サイズ同梱し、HUAWEI AI Lifeアプリを使えば、どのイヤーチップが最適なのかテストすることもできる。デュアルアンテナ仕様で、密集した場所でも安定した接続を実現する。
 
デュアルアンテナ仕様

 バッテリはノイキャンONで単体4.5時間、ケース使用で20時間、ノイキャンOFFで単体7時間、ケース使用で30時間。ワイヤレス充電に対応する。カラーは、シルバーフロスト、カーボンブラック、セラミックホワイトの3色を用意した。

オススメの記事