ポケモン ソード・シールド、明日から「冠の雪原」配信開始! 伝説が大集合

新製品

2020/10/22 18:30

 『ポケットモンスター ソード・シールド』の有料追加コンテンツとしてエキスパンションパス第2弾「冠の雪原」が明日(10月23日)から配信される。舞台は雪が降り積もる「カンムリせつげん」。これまでのシリーズに登場した伝説のポケモンが全て集結するという。

10月23日から配信される『ポケットモンスター ソード・シールド』
エキスパンションパス第2弾「冠の雪原」

 追加のストーリーは、主人公が「ピオニー」というキャラクターから探検隊の隊長に任命される場面から始まる。吹雪舞う雪原やマックスレイドバトルでしか立ち入ることのできなかった「ポケモンの巣穴」の中など、さまざまな場所を調査することになる。

 伝説のポケモンについては、ポケモンの巣穴や冒険の途中に出会うことができるという。
 
歴代の伝説のポケモンが終結する

 なかでもポケモンの巣穴は、4人のトレーナーで協力して調査する新しいコンテンツ。手持ちのポケモンではなく、レンタルのポケモンを連れて挑戦することになる。バトルで勝利すると、そのポケモンをゲットすることが可能。4人の中で1人だけが、そのポケモンと手持ちを入れ替えられるルールになっている。
 
ポケモンの巣穴を冒険することができる

 冒険を進めるとシュートシティで「ガラルスタートーナメント」に挑戦できるようになる。『ポケモン ソード・シールド』と『エキスパンションパス』に登場したトレーナーたちの中から、一緒に戦うパートナーを選び、タッグバトルで優勝を目指すコンテンツだ。

 このほか、新たに発見されたポケモンとして「ヤドキング(ガラルのすがた)」が登場する。タイプはどく・エスパーになり、ほかのエスパータイプのポケモンを圧倒するほど強力なサイコパワーを獲得したという。
 
ヤドキング(ガラルのすがた)

 ポケモンの育成に役立つ新要素としては、新たなどうぐ「とくせいパッチ」が追加される。入手は困難だが、ポケモンの特性を通常とは異なる「隠れ特性」に変えることが可能だ。

 第2弾「冠の雪原」の配信を記念して、8種類の帽子を被った「サトシのピカチュウ」を仲間にすることができる「サトピカゲットキャンペーン」も実施している。期間は10月30日までとしている。

オススメの記事