日本初の“糖質ゼロ”ビールが本日発売! キリンの「一番搾り」から

新製品

2020/10/06 19:00

 キリンビールは、「一番搾り」ブランドから「キリン一番搾り 糖質ゼロ」を本日(10月6日)発売した。同商品は、国内で初めて、ビールカテゴリで糖質ゼロを実現した商品(同社調べ)としている。なお、食品表示基準によって100ml当たり糖質0.5g未満のものに対し「糖質ゼロ」を表示することができる。

本日発売した「キリン一番搾り 糖質ゼロ」

 同商品は、麦汁ろ過家庭において最初に流れ出る一番搾りの麦汁を使う「一番搾り製法」で作られている。雑味のない済んだ麦のうまみが特徴。ビールに期待される「おいしさ」「糖質ゼロ」を両立することで、既存のビールユーザーに桑、健康志向の高いユーザーの取り込みも図る。
 
350ml缶、500ml缶をそれぞれ販売する

 開発期間は約5年。350回以上の試験醸造を重ね、同社の技術力を結集したことで、日本初の「糖質ゼロビール」が実現したという。技術開発を担当した、キリンホールディングス飲料未来研究所の廣政あい子氏は、「ビール好きな人がもっと気兼ねなく飲めるおいしいビールをつくりたい」と考え、開発したとコメントしている。

 近年の健康志向の高まりや、コロナ禍における需要の変化によって、糖質オフ・ゼロ系ビール類の販売数量は1~7月で前年同期比約5%増と伸長しているという。さらに、ビールカテゴリのアルコール飲料は、10月の酒税改正で350ml缶1本当たり約7円安くなっており、買いやすくなった。

オススメの記事