ASUS JAPANは、最新のゲーミングスマートフォン(スマホ)「ROG Phone 3」を9月26日に発売する。同社によると国内最高の性能となるメモリ16GB(税別12万9800円)と12GB(11万9800円)の2モデルをラインアップ。高速な表示速度やタッチ検出、応答速度など、ゲームを快適にプレーできる機能が盛り込まれた新製品だ。

ASUS JAPANが9月26日に発売する新スマホ「ROG Phone 3」

 画面は6.59型のフルHD+対応有機ELディスプレイ。画面を1秒間に144回書き換える(リフレッシュレート144Hz)高速な表示速度に加え、タッチ検出速度が1秒間に270回、タッチ操作の遅延が25msと、ハイスペックな性能を備える。映像に残像感はほとんどなく、操作がすぐに反映されるため、シビアな入力が要求されるゲームもプレーしやすい。

 ゲームアシスタントアプリ「GameGenie」によって、動画の配信や録画、攻略情報の検索、マクロ機能の実行なども可能。また、側面に搭載された超音波タッチセンサーを活用して、携帯ゲーム機のL/Rボタンのような操作も可能になる。

 CPUが「Snapdragon 865 Plus」で、メモリが先述の通り16GB/12GB、ストレージが512GB、バッテリ容量が6000mAhと、ゲームだけでなく、スマホで行うさまざまな処理を高速にこなす性能を備える。さらに、5G通信にも対応。最新の環境を想定した設計だ。また、バッテリ性能を長続きさせるため、満充電の時間予約や充電の上限を100%未満に調整する機能を用意している。

 アウトカメラは、メインが6400万画素、広角カメラが1300万画素、マクロカメラが500万画素。インカメラは2400万画素になっている。本体のサイズが高さ約171×幅78×奥行き9.85mm、重さが約240g。NFCやWi-Fi 6に対応するなど、普段使いのスマホとしても活躍できる性能を備える。このほか、キックスタンドのついた冷却ファン内蔵の外付けクーラーユニットや専用ケースなど、豪華な付属品もある。