ヤーマンは9月17日に2020年秋冬の新製品発表会をオンラインで開催。スチーマーカテゴリーから毛穴ケアスチーマー「ブライトクリーン」とLEDスチーム美顔器「フォトスチーマー」の2製品を発表した。

コロナ時代を意識した2種類のスチーマーをヤーマンが発表
 
毛穴ケアスチーマー「ブライトクリーン」

 「ブライトクリーン」はクレンジングや保湿ケアをサポートする毛穴ケアスチーマーで、肌の表面を約40℃まで引き上げる濃密なスチームをたっぷり噴射するのが特徴。少ない摩擦で肌に負担をかけず、メイクや毛穴汚れを浮き上がらせる効果がある。
 
大量のスチームで顔全体をまんべんなく約40℃まで引き上げる

 クリーンモード・スチームモード・バリアモード・ロングモードの四つのモードを搭載。ユニークなのがマスクの刺激で肌が荒れたときなどに向いているバリアモードだ。緩やかな温度変化で肌を整えてくれる。ヤーマン公式オンラインストアでの税別価格は3万4800円。10月16日に発売する。

 「フォトスチーマー」は「美肌菌」という新たなアプローチを採用した従来にないタイプのLEDスチーム美顔器。美肌菌とは肌にもともとある菌の一種で、保湿や抗炎症作用をもち、健やかな肌を保つ役割を担っている。フォトスチーマーはこの美肌菌をサポートする効果を発揮する。
 
LEDスチーム美顔器「フォトスチーマー」

 スチームは左右二つの吹き出し口から放出される。肌温度を肌に適した40℃まで引き上げるのはブライトクリーンと同様だ。化粧水を専用のミストをタンクに入れれば、ミストとして噴霧することが可能。手指やコットンよりも摩擦を抑えながら、肌のすみずみまで美容成分を行き渡らせることができる。

 本体にはエステサロンでもおなじみのLEDも搭載。温スチーム吹出時と冷ミスト吹出時に色(赤・黄・青・緑)が変わる仕様になっている。スチームと合わせてLEDを照射することで、美肌菌を育む作用がより高められるという。ヤーマン公式オンラインストアでの税別価格は7万2000円。10月30日に発売する。