Amazon Echo Flexに時計をちょい足し、専用スマートクロックの便利な活用方法

レビュー

2020/08/17 20:30

 昨年11月に発売された「Amazon Echo Flex(以下、Echo Flex)」はケーブルレスでコンセントに差し込むだけという設置性のよさが魅力だ。そのEcho Flexをちょっと便利にする専用アイテムが発売された。「Amazon Echo Flex専用スマートクロック(以下、スマートクロック)」の使い方や便利な活用方法をレビューする。

Amazon Echo Flex専用スマートクロックの便利な活用方法は?

 スマートクロックはEcho Flexの下部にあるUSBポートで接続する。接続後はEcho Flexと連携するデバイスのAmazon Alexaアプリから設定する。

 Echo Flexは使用のためにコンセントとダイレクトでつなぐ必要がある。それなりにサイズがあるので接続できるコンセントは限定される。複数のポートを備える電源タップなどはあまり向かない。玄関やキッチン、洗面所などがおすすめの設置エリアだ。ケーブルレスなのでデザインがすっきりすることに加えて、水回りでも安心して使える。
 
左がAmazon Echo Flex、右がAmazon Echo Flex専用スマートクロック

 こうした場所は時計を設置するのが難しかったり、スペースを確保できなかったりするケースもあるが、Echo Flexに時計の機能が加わることで解決できる。単純な時計表示機能ではあるが、時計設置の自由度が広がるという点で新しい価値を提供しているといえるだろう。

 時計としての機能の使い勝手も悪くない。表示は12時間/24時間形式の切り替えができ、搭載している照明センサーで自動で時計の明るさを調整することもできる。Echo Flexと連携しているので時刻設定の手間もない。また、音声で明るさを調整したり、アラームを設定することも可能。キッチンでタイマー代わりにAlexaを活用している人なら残り時間を視認できるようになり、快適性は増すだろう。
 
タイマーの残り時間も確認できるようになる

 スマートクロックの税込価格は1780円。Echo Flexの価格は税込で2980円なので、セットで購入すると5000円程度だ。機能は時計を表示するというシンプルなものなので、コストに見合う価値があるかどうかは人によるだろう。自宅のどこに設置するかを事前に決めて検討することをおすすめしたい。(BCN・大蔵大輔)

オススメの記事