サンワサプライは、アダプタ型のPoEインジェクタ「LAN-GIHINJ4」を7月16日に発売した。価格は8580円。

LAN-GIHINJ4

 LAN-GIHINJ4は、既存のネットワーク環境に追加するだけでPoE給電ネットワークを簡単に構築できるPoEインジェクタ。同製品を、通常のスイッチングハブとPoE対応受電機器(PoE対応無線アクセスポイントやIPカメラなど)との間に設置することで、機器に電源を供給しながらデータを転送することができる。

 天井などのAC電源を設置しにくい場所や、集合住宅・オフィスのような手軽にAC電源を増やすことができない施設などでネットワーク機器を使用する場合に適している。すでにPoE非対応のスイッチングハブを使用してネットワーク構築している場合でも、それらのネットワークを変更することなく同製品を追加するだけでPoE対応ネットワークを実現できる。

 また、IEEE802.3af(15.4Wまで)に対応した1入力1出力のコンパクトなアダプタ型で、省スペースに設置が可能。高速なギガビット通信に対応しているため、IPカメラなどでの動画転送にも対応し、既存ネットワークとPoEデバイスの性能を最大限発揮できる。筐体は、放熱性に優れたメタルを採用し、高熱による動作異常を予防する。