ベンキュージャパンは、4K HDR対応ホームエンターテインメントプロジェクター「TK850」を6月27日に発売する。価格はオープンで、税込みの実勢価格は21万円前後の見込み。

TK850

 TK850は、4K UHDに対応し、人間の目に見える景色をそのままの映像で再現するとともに、色域Rec.709のカバー率98%によって細部まで本物の色を実現している。また、光学レンズに使用するガラスには、独自の低分散レンズコーティングを施し、色収差を最小限に抑え光の透過性を高めることで、4Kの高画質を長期間持続する。

 独自のHDR-PROテクノロジーによってHDR10/HLGをサポートしており、「ダイナミックアイリス」と「ダイナミックブラックテクノロジー」を備えるとともに、トーンマッピング機能を強化したほか、明るさを調整するHDR Brightnessを搭載し、明るい領域と暗い領域を、正確に深いコントラストで表示できる。

 DLP方式を採用し、単焦点設計で自動縦台形補正、垂直レンズシフト、1.3倍ズーム、全ガラスフォーカスレンズによってどんな環境にも適応する。また、臨場感あふれるスポーツ観戦を可能にする「スポーツモード」、独自のイコライザーのアルゴリズムなどによって深みのある低音と高音域を実現する「CinemaMaster Audio+2」などを備えている。

 輝度が3000ルーメン、対応解像度が640×480~3840×2160。映像入力はHDMI(HDMI 2.0、HDCP 2.2対応)×2基で、5W×2基のスピーカーを搭載する。