ASUS JAPANは5月7日に1kgを切る軽さと、わずか14.9mmのスリムボディで30時間を超えるバッテリ駆動時間を実現した14型スリムノートPC「ASUS ExpertBook B9 B9450FA」を発表した。

モバイル性&高性能&タフバッテリーを兼ね備える「ASUS ExpertBook B9 B9450FA」

 ASUS ExpertBook B9 B9450FAは、コンパクト、スリム、軽量で、高い性能と軍用レベルの堅牢性を備え、さらに最長約31.6時間のバッテリ駆動時間を実現した。最も軽い2セルバッテリを搭載するモデルでは、約870g、4セルバッテリ搭載モデルでも1kgを切る約995gの軽さとなっている。

 薄さは、全てのモデルでわずか14.9mmのスリムボディを実現。天板と底面に軽量・高強度のマグネシウムリチウム合金を使用し、キーボード面にマグネシウム合金を使用することで、軽くてスリムでありながら、しっかりとした剛性を確保している。


 
キーピッチをしっかり確保したキーボード
 
疲労を軽減するために傾斜がついている

 また、疲労を軽減する傾斜キーボードに、テンキー機能付きのタッチパッドも搭載し、本体サイズや性能だけでなく使いやすさにもこだわった。IRカメラによる顔認証機能と指紋認証機能も搭載し、最新規格のWi-Fi 6に対応する無線LAN機能に加えて、有線LANにも対応している。さらに、全てのモデルにセキュリティチップのTPMを搭載している。
 
テンキー機能付きのタッチパッドも搭載
 
指紋認証機能も備える

 一般向けモデルの6モデルに加えて、OSにWindows 10 Pro 64ビットを搭載する法人機関向けの4モデルも用意し、計10モデルのうち、一般向けi7モデルを5月7日に、i5モデルを5月15日に発売する。なお、法人機関向け4製品は6月末に発売する予定。税別価格は、一般向けのi7モデルが19万9819円、i5モデル(16GBメモリ)が17万7091円、i5モデル(8GBメモリ)が12万7091円。法人機関向けのi7モデルが19万9000円、i5モデル(16GBメモリ)が17万4000円。