ゴールデンウイーク明けの5月11日は全国的に気温が上昇し、都内でも30℃を記録するなど、一気に真夏日のような陽気となった。ビックカメラは5月12日、夏のマストアイテムであるオリジナル家電「HasTAG」シリーズのハンディファンを発表した。カラビナ付きモデル「HOE-M048」を5月下旬から税込み価格1480円で、シンプルモデル「BHB-B12(充電式)」と「BHK-A20(乾電池式)」を5月13日から、それぞれ1480円と1280円でビックカメラやコジマ、同社グループの直販サイトで発売する。

カラビナ付きモデル「HOE-M048」

 HashTAGは、「フォトジェニックなデザイン家電」をコンセプトにしたオリジナルブランド。「大人かわいい」カラー展開のハンディファンに仕上げた。HOE-M048は、パンツのベルトループやカバンなどに簡単に取り付けられて持ち運びに便利なカラビナ付きモデルで、全5色(パウダーブルー・ピンク・ホワイト・ネイビー・ペールレッド)を用意する。
 
カラビナ付きでファッションアイテムにもなり持ち運びに便利

 サイズがW82×D74×H216ミリで重さが約92.6グラムのコンパクトで軽量ながら、最長2時間のパワフルな連続使用ができる。
 
カラビナ付き「HOE-M048」のパウダーブルー

 シンプルモデルで充電式のBHB-B12は、最長約4.5時間の連続使用が可能。サイズがW98×D32×H207ミリ、重さが約130グラム。
 
シンプルモデル「BHB-B12(充電式、ホワイトベージュ)」

 乾電池式のBHK-A20は、最長5時間の連続使用(アルカリ乾電池使用時)が可能。サイズがW80×D30×H210ミリで、重さが約82グラム(乾電池含まず)。
 
シンプルモデル「BHK-A20(乾電池式、ライトピンク)」

 カラーは、ホワイトベージュ、ライトグレー、ライトブルー、ライトピンクの4色展開となる。