ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、2020年の年末商戦期に発売を予定している「PlayStation 5(PS5)」用ワイヤレスコントローラー「DualSense」のデザインを初公開した。

本体に先駆けてデザインが公開されたPS5のコントローラー

 PS4用コントローラー「DUALSHOCK 4」の魅力を最大限そのままに、快適で遊びやすいデザインをさらに洗練。テストや検証を重ね、さまざまな人の手にフィットする快適性を実現している。歴代、基本となるコントローラーは単色だったが、今回は方向性を変えて2色を採用した。コントローラーのステータスを視覚化するライトバーは、両脇に配置している。

 「触覚」にフォーカスをあてた新機能では、コントローラーを通じて没入感をさらに高めた。車が泥道を走るときに重いずっしりとした触覚など、ゲーム中の状況を手で感じることができる。L2・R2ボタンには、アダプティブトリガーを搭載し、弓矢を引き絞るような感覚も得られるという。

 新機能を追加しながらも、握ったときに厚みを感じさせないよう設計を工夫している。稼働時間も長くしたが、できる限り重量を削減した。また、マイクを内蔵しており、ヘッドセットがなくてもフレンドとボイスチャットできるようになった。

 従来搭載されていた「SHAREボタン」は、「Createボタン」に置き換わっている。全世界に向けて共有したり、自身のゲームプレイを基にコンテンツを作成したり、仲間とゲームを楽しむための新しい手段を再び開拓しているという。この機能の詳細については、後日知らせるとしている。