Galaxyは、スマートフォン(スマホ)のフラッグシップモデル「Galaxy S20 5G」を3月26日に、「Galaxy S20+ 5G」を5月下旬以降に、KDDIと沖縄セルラー電話(au)向けに納入し、全国のau取扱店、au Online Shop、世界最大級のショーケース「Galaxy Harajuku」で発売する。

「Galaxy S20 5G」(左)と「Galaxy S20+ 5G」

 新製品は、約1200万画素の超広角カメラ、高速AFに対応した約1200万画素の広角カメラ、約6400万画素の望遠カメラで構成される背面トリプルカメラを搭載。広角カメラでは、イメージセンサーが大きくなり、低照度環境の際でも明るい写真を撮ることができる。また、約6400万画素の望遠レンズと30倍ズーム搭載によって遠くの景色や人物も綺麗に撮影できる。

 さらに、Galaxy S20+ 5Gでは被写界深度を測るToFカメラを追加し、クアッドカメラ仕様となった。一眼レフカメラのように背景ボケを適用できるため、普段の写真をより印象的なものに仕上げることができる。

 高画素カメラを搭載することで、Galaxy初の8Kビデオ撮影に対応した。これによって、例えばスタジアムの選手も間近に感じるような、高精細で躍動感のある動画を撮影することができる。また、8Kで撮影した動画を再生しながら、好みのシーンを8K画質のまま約3300万画素相当の写真としてキャプチャすることが可能。

 さらに、センサーサイズの拡大により、低照度環境でもハイパーラプス動画をきれいに撮影できる。進化したスーパー手ブレ補正機能を装備し、まるでアクションカメラのようなブレのない動画撮影が可能となった。

 若い世代を中心とするSNSでの動画や写真投稿ニーズの高まりを背景に、新たに「シングルテイク」機能を搭載した。シングルテイクで撮影すると、3~10秒の動画からAIが導き出した最大14の多彩な写真やビデオを保存することができる。

 この機能によって、被写体の自然な表情や思いがけない1コマを切り取ることができる。一つのカメラだけで撮影するのではなく、搭載している全てのカメラを使って撮影し、それぞれの動画からベストショットを生成する仕組みで、エフェクトを組み合わせたバラエティー豊かなコンテンツを生成する。

 今年度にサービス開始となる5Gネットワークに対応。5Gによって高速・大容量の通信が可能となり、短時間での動画ダウンロードや、遅延のないスムーズなビデオ通話などができるようになる。

 S10シリーズでも採用したディスプレイ内超音波指紋認証センサーを搭載。強固なセキュリティを実現しながら、ユーザビリティも向上した。

 また、写真や動画などを簡単に共有できる「Quick Share」機能を新たに追加、近くにいるGalaxy S20シリーズユーザーや最新の縦折りスマホ「Galaxy Z Flip」に対して、アクセスパネルにある「クイック共有」をタップするだけで大きい容量のファイルも送信することが可能となり、気軽に思い出をシェアすることができる。

 なお、発売日から4月12日の期間中にGalaxy S20 5Gを購入・応募した顧客全員に完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds+」(ホワイト)をもれなくプレゼントするキャンペーンを実施する。

 Galaxy Buds+は、充電ケース付きで最長22時間の連続音楽再生ができ、高品質・クリアなサウンドを実現。イヤホン側面をダブルタップすることで音量調節ができる新たなユーザーインターフェースによってスムーズで直感的な操作が可能となった。