パナソニックは、衣類スチーマーの新製品「NI-FS760」と「NI-FS560」の2機種を5月上旬に発売する。パナソニックでは、月産4万台を予定している。

NI-FS760

 NI-FS760は、360°スチームなど従来品(NI-FS750)の機能はそのままに、タンク容量を約15mL増やし、15%アップとなる約115mLの大型化を図った。これによって、約10分連続のスチームが可能となり(従来は8分)、一度の注水でより多くの衣類のシワを伸ばすことができる。

 また、2機種とも気化室の温度コントロールを見直して、立ち上がり時間約23秒を実現した。忙しい朝を中心とした外出前に素早く使用することができる。また、温度を細かく検知するセンサーの採用とコントロールの反応速度を高めるためのセンサー配置設計で、湯飛びやムラの抑制と安定的なスチーム発生に配慮している。