アイロボットジャパンは2月19日、ロボット掃除機「ルンバ」シリーズの最新モデルとして「ルンバ s9+」を発表した。税別の実勢価格は16万9800円前後で、2月28日に発売する。

2月28日に発売するルンバの最上位モデル「s9+」。
税別価格は16万9800円

 ルンバとして初めてD字フォルムを採用したs9+は、シリーズの最上位モデルの位置づけ。D字のフォルムは、ウルトラエッジデザインという名称で、本体の前方が角張ったことで、従来より部屋の隅のゴミをしっかりと掃除できるようになった。
 
D字フォルムによって壁の隅にぴったりと密着

 新開発した高性能センサーが進行方向にある壁の位置や奥行を立体的に感知して、これまでルンバが対応できなかった隙間や入り組んだ場所にまでしっかりとアプローチする。形状の変更によって、ブラシ幅は従来と比べて約30%アップ。2本のゴム製ブラシ「デュアルアクションブラシ」で効率よくゴミを吸い上げる。
 
ブラシ幅は従来より30%アップ

 ルンバの900シリーズ以上のモデルで採用している「vSLAMナビゲーション」はもちろん、間取りを認識して清掃する場所を部屋ごとに指定できるImprintマッピング技術を搭載。例えば、「出かける前にキッチンだけ掃除して」というような指示が可能になった。
 
Imprintマッピング技術によって部屋ごとの掃除ができる

 1年前に発表した当時の最上位モデル「i7」と同様に、ルンバが吸引したゴミを収集するクリーンベースも付属する。i7ではクリーンベースなしのモデルもラインアップしたが、s9+は付属モデルのみの展開となる。拭き掃除ロボット「ブラーバジェットm6」との連携機能も搭載。ルンバで掃除したあとで、自動でブラーバが掃除を開始するなどの設定が可能だ。(BCN・大蔵大輔)