三菱電機は、LED照明器具の新製品「misola(みそら)」を10月に発売すると発表した。税別の販売価格は、手動切替タイプが68万円、自動切替タイプが75万円。

「misola」イメージ

 misolaは、開放的で奥行き感のある青空を模したパネルと自然な太陽光の差し込み感を表現するフレームを組み合わせた独自構造によって、室内空間で奥行き感のある青空と自然な光を表現する新しいLED照明。

 パネルには、レイリー散乱を発生させる光散乱体を用いることで、開放的で奥行き感のある青空を表現。また、フレーム部の三面を光らせ、残り一面を影のようにすることで、自然な太陽光の差し込み感を演出している。

 色の異なる複数のLED光源の発光量を変化させることで、青空だけでなく、時の移ろいを感じさせる朝焼けや夕焼け(朝/夕シーン)などの色変化も実現。手動切替(専用リモコンによる切替)と、自動切替(専用制御機器によるスケジュール制御)の2タイプをラインアップしている。

 光散乱体の側面からLED光を導光させるエッジライト方式によって、青空を模したパネルを薄型化。一般的な埋込形照明器具と同等の厚さ120mm以下の薄型構造を実現し、容易に施工できるようにした。