ヤマダ電機は2020年1月初旬からオリジナルデザイン家電の新シリーズ「SERIE NOIR(セリエ・ノワール)」のキッチン家電3モデルを発売する。グリル鍋の「Cooking Pot NHP-N30G1」の税別価格は1万2800円、A4サイズのホットプレート「Hot Plate mini NHP-K20G1」は8980円、ミニグリル鍋の「Cooking Pot mini NHP-N10G2」は5980円。

ヤマダ電機の「SERIE NOIR(セリエ・ノワール)」シリーズ

 新シリーズの特徴はキッチンやダイニングに溶け込むデザインを採用。熱伝導性と保温性に優れるアルミダイキャスト製の極厚釜や、熱ムラを抑えて手入れをしやすくした加熱版方式、温度をピタッと調節できる「カチッとダイヤル」、関西人がこだわる隅までしっかり焼けるたこ焼きプレートなどの機能を搭載する。
 
「Cooking Pot」
 
「Hot Plate mini」
 
「Cooking Pot mini」

 Cooking Potには平面プレート、深なべプレート、たこ焼きプレート蓋、マグネット式電源コードが付属。サイズは幅290×奥行き350×高さ185ミリ。

 Hot Plate miniは平面プレートとたこ焼きプレート蓋、マグネット式電源コードが付属。サイズは幅363×奥行き235×高さ147ミリ。

 Cooking Pot miniはプレートと蓋が付属。サイズは幅255×奥行き210×高さ185ミリ。