ガーミンジャパンは、マルチスポーツGPSウォッチ「fenix6」シリーズで初めてソーラー充電機能を備えた「fenix6X Pro Dual Power(フェニックス6エックス プロデュアルパワー)」を12月19日に発売した。

 税別価格は、ベゼルとバンドにDLCチタニウムを採用した「fenix6X Pro Dual Power Ti Black DLC Titanium band」が16万6000円、ベゼルとバンドにチタニウムを採用した「fenix6X Pro Dual Power Ti Gray Titanium band」が15万円、ベゼルにDLCチタニウム、バンドにブラックシリコンを採用した「fenix6X Pro Dual Power Ti Black DLC」が13万円。
 
fenix6X Pro Dual Power Ti Black DLC Titanium band、fenix6X Pro Dual Power Ti Black DLC、fenix6X Pro Dual Power Ti Gray Titanium band

 Garmin初のソーラー充電に対応し、ソーラー充電を使用しない場合でも「GPS+光学心拍計モード」で、従来機種「fenix5X plus」と比較して2倍超の最大60時間の稼働を実現した。

 さらに「パワーマネージャー」機能で、GPSや地図、心拍機能などのオン/オフをカスタマイズできるため、アクティビティの目的に合わせて最大限のバッテリ稼働時間を確保できる。また、バッテリ残量をパーセントではなく、「残り時間」で表示可能なので、稼働時間を把握しながら使える。

 バッテリ駆動時間は、「スマートウォッチモード」で週あたり最大24時間、「GPS+光学心拍計モード」で最大60時間+6時間(ソーラー充電機能による稼働、以下同)、「GPS+音楽再生」で最大16時間+1時間、「UltraTracモード」で最大70時間+10時間、「Expeditionモード」で最大36日間+6日、「バッテリー節約ウォッチモード」で最大64時間+26日間。サイズは幅51.0×高さ14.9×奥行き51.0mm。