PFUは12月10日、高性能コンパクトキーボード「Happy Hacking Keyboard(HHKB)」シリーズを一新し、Bluetooth接続とUSB接続のどちらにも対応した「HHKB Professional HYBRID Type-S」と「HHKB Professional HYBRID」、USB接続のみに対応した「HHKB Professional Classic」の3機種16モデルを、同日にPFUの直販サイト「PFUダイレクト」限定で発売したと発表した。

HHKB Professional HYBRID(白)
 
HHKB Professional HYBRID(墨)

 HHKBシリーズは、「プログラマーが生涯使える理想的なキーボード」をコンセプトに開発され、1996年12月の発売から23年目になる。UNIX配列を採用し、Aキーの隣にControlキーを配置している点や、制御キーの割当変更・カスタマイズが可能な点などがプログラマーやエンジニアに支持され、国内外を合わせて50万台以上の出荷実績がある。今回のラインアップ一新については開発コンセプトを変えず、最新のインターフェースへ対応している。
 
23年分のHHKBシリーズがずらり

 過去のモデルでは、USB対応もしくはBluetooth対応のどちらかしか対応していなかったが、HHKB Professional HYBRID Type-SとHHKB Professional HYBRIDはBluetooth接続とUSB接続が可能なマルチプラットフォーム対応。しかも、HHKB Professional HYBRID Type-Sは高速打鍵性能と静粛性を備えている。Bluetooth接続として、最大4台まで登録可能で、複数のキー操作で接続先を変更できる。

 キーカスタマイズも発展を遂げており、過去のモデルに搭載していた、制御キーの割合変更ができる「DIPスイッチ」に加え、Windows OSのみだが、専用ソフトウェアによるキー配置のカスタマイズが可能。ドラッグ&ドロップでキーの配置が変更でき、キーボード本体に配置情報を記録。別のデバイスに接続した場合でも、カスタマイズ後のキー配置で作業が可能だ。
 
ソフトウェアによるキー配置の変更操作画面。
FとDの配置を入れ替えてみた

 HHKBシリーズは、PFUダイレクトによるネットからの購入のみとなっているが、実際の操作感、キータッチを体験できるタッチ&トライスポットを別途用意し、東京・表参道、大阪、名古屋に店舗を構える雑貨店「SUPER CLASSIC」、東京神保町にある雑貨店「アシストオン」、東京五反田のダイニングバー「原価BAR」で展示される。