ハンガリー・ジェールで11月8日~10日に開催された、世界最大級の国際ロボット競技会「WRO(World Robot Olympiad)」の決勝大会「WRO 2019 ハンガリー国際大会」の「ARC(アドバンスド・ロボティクス・チャレンジ)部門」で、「KAIT Specialists」(神奈川工科大学/神奈川県)が銀メダルを獲得した。

「WRO 2019 ハンガリー国際大会」ARC部門で銀メダルを獲得した「KAIT Specialists」

 WRO Japanは、同大会に日本から17チームを代表選手団として派遣し、神奈川県のKAIT Specialistsを含め、計4チームが入賞した。

 KAIT Specialistsが銀メダル(2位)を獲得したARC(アドバンスド・ロボティクス・チャレンジ)は、自律型の高度なロボットの制御を競う17歳以上の学生を対象にした部門。「帝京ロボラボ」(帝京大学/栃木県)も6位入賞を果たした。
 
「WRO 2019 ハンガリー国際大会」に参加した日本代表選手団(提供元:WRO Japan)

 また、チームで製作した自律型ロボットで競技を行うエレメンタリー部門で、「AMICUS NKR」(沖縄アミークスインターナショナル小学校/沖縄県)が6位に、テーマにしたがって製作したロボットを発表するジュニア部門で「AR+」(豊中市立第九中学校、豊中市立第二中学校/大阪府)が7位にそれぞれ入賞した。

 「WRO」は、シンガポールサイエンスセンターの発案によって、2004年にスタートした国際的なロボット競技大会。世界中の小学生~高校生が対象で、科学技術を身近に体験できる場を提供することで、創造性や問題解決能力の育成を目的に開催している。