ティーピーリンクジャパン(TP-Link)は10月17日、都内で会見を開き、新規格「Wi-Fi 6」に対応した無線LANルータの新製品「Archer AX11000」を10月31日に発売すると発表した。税別の市場想定価格は4万5800円。ゲーミングルータとして投入する。

10月31日に発売するTP-Link史上最速の無線LANルータ
「Archer AX11000」

 Archer AX11000の最大の特徴は、Wi-Fi 6を活用した高速で安定した通信だ。5GHz帯×2と2.4GHz帯×1のトライバンドに対応し、通信速度は従来機種「AC5400」の2倍速にあたる最大合計10756Mbps。端末が対応していれば、従来の2倍速にあたる160MHzで通信可能で、同社史上最速の通信速度でゲームを楽しむことができる。MU-MIMOによって、複数の機器との同時接続時も安定した通信が可能だ。
 
従来の2倍速で通信することができる

 ゲーミング特化の機能として、ゲームタイトルごとに通信を検知して最適化する「ゲーミングアクセラレータ」機能や通信の応答速度を示す「Ping値」やルータのパフォーマンスをリアルタイムで表示する「ゲーム統計」機能、TrendMicroと連携してゲーム端末をリアルタイムで保護する「ゲームプロテクター」、1帯域をゲーム用に設定できる「ゲーム専用帯域」機能を備える。

 発表会にゲストとして登壇したプロeスポーツチーム「DetonatioN Gaming」のメロフォビア選手は、「モバイルゲームにシューティングゲームが増えてきた。今後はさらに、通信速度と安定性が大切になる」とコメント。スモモ選手は、「Archer AX11000は、有線と変わらない通信速度と安定性だった」と性能の高さを絶賛した。
 
Archer AX11000の性能が今後大切になると語るプロeスポーツチーム「DetonatioN Gaming」の選手たち
(左から、スモモ選手、メロフォビア選手、梅崎伸幸CEO)

 同チームの梅崎伸幸CEOは、「新製品の特長である、高速、多接続、低遅延は5Gと同じ。5Gが普及したら、家の中も今まで通りではなく新規格が必要になる。そういった意味では、新製品が活躍する機会は増えていくはず」と新製品の重要性を語った。