LINEのグループ会社、LVCは、仮想通貨取引サービス「BITMAX」の提供を開始した。Android版で先行スタートする。iOS版は「近日中」とした。スマートフォン決済サービス「LINE Pay」と連携し、日本円での入出金が可能だ。

LINEが開始した「BITMAX」では、LINE Payで仮想通貨の入出金ができる

 サービスを利用する条件は、LINEアカウントを持ち、満20歳以上かつ満75歳未満で、日本国内に居住してること。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)の計5種類の仮想通貨を取り扱う。

 LINEアプリの「LINEウォレット」タブから利用が可能。BITMAXをタップし、利用規約などの同意、ユーザー情報の登録、本人確認、申し込み申込みへと進む。本人確認の審査が終了すると取引できるようになる。「LINE Pay」で既に本人確認が済んでいれば、本人確認の手続きを短縮することができる。

 日本円の入金は、LINE Payからの入金、LINE Payに登録している銀行口座からの入金の2通り。1000円以下から取引ができる。BITMAXへの登録は無料だが、日本円の入出金、仮想通貨の出庫には所定の手数料が発生する。また、仮想通貨の売買には手数料がなく、スプレッド(買値と売値の差)が発生する。
 
利用イメージ

 安全・安心して使えるよう、セキュリティにも配慮。セキュリティ最優先で開発されたLINEアプリと同じチームが、BITMAXのセキュリティ環境を構築した。仮想通貨においては、世界最高水準の技術を提供するBitGoのウォレットを採用。ウォレットの管理については、体制強化のための専門チームを設けてサービスを提供していくという。