スマートフォン決済サービス「LINE Pay」で「送金MaX20倍キャンペーン」が始まった。6月10~22日に、「LINE」で友だち登録しているユーザーへ「LINE Pay残高」か「LINE Payボーナス」を送金すると、抽選で送った額の最大20倍(上限10万円)相当のLINE Payボーナスが戻ってくる。当選額は、送ったユーザーと受け取ったユーザーで山分け。編集部でも“Max”を目指して、早速、参加してみた。

LINE Payの「送金MaX20倍キャンペーン」が始まった

 キャンペーンでは、送った額に応じて参加できる抽選対象が変わる。5000円分以上を送ると1等(10万円相当)まで、1000円分以上なら2等(2万円相当)まで、500円分以上なら3等(500円相当)まで、100円相当なら4等(2000円相当)までの抽選に自動で参加する。記者が狙うのは10万円相当なので、編集部では5000円分を送金し合うことにした。
 
まずは5000円をチャージする

 まずは、記者がLINE Pay残高に銀行口座から5000円分をチャージ。これを先輩へ送金してみると、すぐに同じチャット内にくじが送られてきた。恐る恐る、結果を見てみると、「はずれ」だった。ブラウンとサリーが申し訳なさそうにしているイラストが印象的だ。
 
送金するとすぐにクジが送られてくる
 
期待を胸に抱きながらくじの結果を見てみる
 
「はずれ」だった

 次に、送ったLINE Pay残高をそのまま送金してもらったが、またもや「はずれ」。その後も、4人ほどとやり取りしたが、全て「はずれ」だった。

 LINE Payの送金機能は、銀行口座を登録して本人確認が完了すると利用可能になる。そのため、今回の送金キャンペーンはユーザーに口座登録をしてもらうことが狙いとみられる。5月末に開催した「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」も、特典を受け取るには銀行口座登録などの本人確認が必要だ。LINE Payは今後、“モバイル決済”と“モバイル送金”の両輪を活性化していくという。