LGエレクトロニクス・ジャパンは6月7日に、大きな画面でデイトレードや音楽・動画・グラフィック編集などに最適なアスペクト比32:9の曲面型ウルトラワイド液晶ディスプレイ「49WL95C-W」を発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は17万5000円前後の見込み。

LG初サイズの49インチとなる49WL95C-W

 WQHD(解像度2560×1440)の2枚分に相当する解像度5120×1440の49インチ・ウルトラワイドのIPS液晶パネルは、sRGB99%(標準値)をカバー。映像用のHDR10にも対応しており、モードを「HDR効果」に設定すると、SDR映像をHDR画質に変換して表示する。また、曲面型パネルなので横1.2mの画面を見渡しやすく、目のピント調節を和らげ、目の負担を軽減する。

 そのほか、長時間作業での疲労を軽減する「フリッカーセーフ」「ブルーライト低減モード」、Picture by Picture、Picture by Pictureで接続した2基のPCを1つのキーボード、マウスで操作できるDual Controller、詳細な設定が可能な専用ソフトウェア「OnScreen Control」などに対応している。本体スタンドは、左右15°、高さ110mm、チルト角度-5°~15°での調整が可能。映像入力インタフェースはHDMI×2基、DisplayPort、USB Type-C。