ポケモンは5月29日、事業戦略発表会を開催し、眠りをテーマにしたゲームアプリ「ポケモンSleep」を2020年に開始すると発表した。「朝起きることが楽しみになる」をコンセプトにプレーヤーの寝た時間、起きた時間などが重要な要素になる。スマートフォン(スマホ)ゲーム「はねろ! コイキング」を展開するSELECT BUTTONと共同で開発、Android OSとiOSで提供する。ポケモンの石原恒和社長は、「『ポケモンGO』では、歩くという人間の基本的な動作をエンターテインメントに変えた。今度は眠りに着目し、睡眠をどうエンターテインメントに変えるかが次のチャレンジだ」と話した。

「今度は睡眠をエンターテインメントにする」と話すポケモンの
石原恒和社長

 すでにスマホゲームとして展開しているポケモンGOにも、睡眠の要素を取り入れる。まず、任天堂からポケモンGOのアクセサリ「Pokemon GO Plus+」を発売する。昼に周囲にポケモンがいたりポケストップあったりした場合にランプと振動で知らせ、夜に枕元に置いて加速度センサーによって眠っている時間を計測。Bluetoothでスマホと接続することで、眠っている時間をゲームの一要素として加える機能を持つ。ゲームを共同開発している米Niantic(ナイアンティック)でも、睡眠の要素を取り入れた開発を進めている。
 
右手に「Pokemon GO Plus+」を持ちお披露目する任天堂ハードウェア開発部の
丸山和宏氏

 元気に外で活動することによってゲームが展開するポケモンGOは、暗い部屋に閉じこもって一心不乱にモニターと対峙するという「ゲーム」の世界を解き放った。今度は、よく眠るというコンセプトを加えることで、さらに健康的なライフスタイルの醸成という一歩踏み込んだ挑戦だ。これによって、「遊ぶことで何かの役に立つゲーム」という新たなカテゴリーを成立させることができるかもしれない。(BCN・道越一郎)