SB C&S(旧・ソフトバンク コマース&サービス)は4月12日に、中国・Shenzhen Arashi Vision製の360°カメラ「Insta360 EVO」を発売する。SoftBank SELECTIONオンラインショップでの販売価格は税込5万6570円で、3月14日から予約を受け付けている。

「Insta360 EVO 180°」の3D撮影モード(左)と360°撮影モード

 「Insta360 EVO」は、本体広げて180°の3D撮影、折りたたんで360°撮影を1台でこなせるカメラ。後処理の工程を必要とせず、どの角度でも自然に撮影でき、5.7K(解像度5760×2880)の高画質360°動画と、約1800万画素の360°静止画を撮影できる。
 
使用イメージ

 滑らかな3D映像を記録できる最新の手ブレ補正技術「FlowState」を搭載しており、新たに追加した180 度3D撮影モードと360度撮影モードどちらも、HDR 動画・静止画撮影が可能。撮影した360°撮影データ、180°3D撮影データは、付属のプラスチック製折りたたみ3Dグラスとスマートフォンで表示可能なほか、「Oculus Go」や「Galaxy Gear VR」といったVRヘッドセットでも楽しめる。

 そのほか、スマートフォンアプリ上で撮影する「TimeShift モード」では、360°のタイムラプス・ハイパータイムラプス動画を撮影でき、さらにアプリ連携によって、180°3D撮影データや360°撮影データの再生・カット編集、各種色合い調整などが可能。FacebookやYouTubeへの投稿も簡単で、アプリからすぐに共有できる。

 IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANと、Bluetooth 4.0に対応し、記録メディアは最大128GBのmicroSDカード。サイズは、180°3D撮影時が幅98.4×高さ49.0×奥行き26.27mm、360°撮影時が幅50.3×高さ49.0×奥行き52.54mmで、重さは約113g。、持ち手代わりにも利用できる小型の三脚、持ち運びに便利な「保護 ポーチ」が付属する。